<   2006年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧
破壊王利華!
b0001166_16101169.jpg

利華「あたち、利華ちゃんっていうの♪ 今日はあたちの特技をおちえてあげる!」

その1:聞こえないフリ
b0001166_16154933.jpg

利華「うちのママったら、あたちがちょっと袋に穴をあけたからって、怒るのよ。
そんなときは、わたちの耳は聞こえなくなっちゃうの・・お目目も見えなくなるのよ」

ママ「そ~、そ~、突然耳が聞こえなくなるのよね・・・そんなはず無いじゃん(怒)」

その2:ファスナー壊し
b0001166_16203995.jpg

利華「あたちってば、プラスチック大好きなの♪その中でもファスナーは大好物よ!」

ママ「そ~よね~、今までに、ベスト1枚、パーカー1枚、フリース2枚齧ったもんね~(怒)」

利華「あら!あたちのためにベッドの上に置いてあったんでしょ?」

ママ「い~え!それはママのガウン代わりに置いてあったんです!」

利華「ママったら嫌ね~、そんな嘘ついちゃって♪」

ママ「嘘じゃありません・・・(泣)」

その3:おねしょ
利華「あたちは、レディなんだから、変な写真載せないでよね!」

ママ「人様にお見せできるようなもんじゃないから載せません。。
でもね~、あなた良く水溜り作ってくれるわよね(怒)」

利華「ママったら勉強不足よ!あたちのチーは香りつきよ!リラクゼーション効果だってあるんだからね!」

ママ「え~え~、よ~~く分かってますよ。だから↓が欠かせないんです!
あっ!もう半分しか残ってない・・・、今度はお徳用買うわ・・・(泣)」
b0001166_16372492.jpg


今日の日記はモモちゃん風にしてみました~。
by papichan_daisuki | 2006-01-29 16:27 | 日々の出来事
利華定期検診
今日は利華の定期検診の日。
約一ヶ月ぶりの受診。。。
朝早起きしなくちゃいけない日・・・。
なのに、昨夜は午前様。
その上、明け方、突然天井に取り付けてある照明器具のカバーが
落下。。とりつけようとしたら、照明器具本体まで取れてしまった。。。

ほとんど寝ないまま、利華を連れてファーブルへ。
レントゲン検査の結果、順調に治ってるとのこと。
今日残りのピン&プレートを抜いても良いし、別の都合の良い日でも
良い、ここまできたら、ピンを抜くのは急がなくて良いとのことだった。
2ヶ月連続手術というのもかわいそうだし、今は少々忙しく、
手術後利華に付いていてやれない。。
元気とはいえ、手術後1~2日は歩けないから。。
来月なら、少しは時間ができると思うので、来月に手術を
してもらうことにした。

受診前の時間つぶしに利用していた喫茶店「瑠璃」。
なんでも来月いっぱいで閉店するそうだ。
この寒い季節、外で待つのは辛いので、便利だったのに。。。
残念です。。。

落下した照明。。。
付け直そうとしたが、つけ方がわからない。。。
暗いのは不便。。
なので、新しい照明器具を買いに行った。
今度は、お留守番タイマーが付いたのを購入。
家に帰って、前のをいじってたら、つけ方がわかっちゃった・・・。
なので、とりあえず古いのを再び設置、、、、、。
カーテンを替えるのと同時に、照明器具も付け替えよう・・・。
なんだかとっても無駄な出費(泣)
by papichan_daisuki | 2006-01-28 21:24 | 利華の骨折
診察費用って・・・
パピヨン飼いの獣医を受診したとき、正直に感じたのは、
流行ってない・・・ってこと。。
何でかな??とは思ったの。。。
検査機器も悪くない、手術だってどちらかといえば得意そう。。。

ファーブルは、朝からとっても流行ってる。
ここは、別格かもしれないけど・・・。

うめだ東は、新しいからそれほどは流行ってない。
でも、患者(患畜)は次々と来院している。
受診する際、あまり費用のことは考えたことが無い私・・・。
多少他より高くとも、精度の良い検査、少しでも新しい治療が
受けられるということに重きを置いていたから・・・。

たまたま、両方のレシートを捨てようとして、
ふと値段を見ると・・・違う・・・同じ検査でも千円近く違う・・・ということに
気が付いた。。。
やっぱり値段って大切なんだね?!と感じた次第。。
b0001166_23271266.jpg
b0001166_23272841.jpg
by papichan_daisuki | 2006-01-26 23:27 | 日々の出来事
パピ受診
ホメオパシーを使い・・・・病院のチョイスを色々考え・・・・
で、梅田東動物病院を受診してきた。
朝から雪が降り、午後からお出かけの予定もあったので、
少々躊躇したのだが、善は急げだから。。。

b0001166_20581184.jpg

再度、超音波検査を受け、診断してもらった結果。
原因は不明。ただ、前回から3ヶ月のインターバルがあるので、
同じ原因では無いと考えるのが一般的だそうだ。
薬についても、副作用のことを告げてあったので、
緩やかな整腸剤を処方してもらった。
(副作用が出た薬の名前をきちんと控えてくれたので、ちょっと安心)
ついでに、前の薬の副作用で出たカイカイで目に軽い傷ができていたので
目薬もさしてもらった。
前の獣医で指摘された子宮の中の液体に関しても、
今の腸の状態では、この映像が子宮のものなのか、腸のものなのかも
判断できないそうだ。
この件に関しては、腸の状態が落ち着いてから、再度検査を受けることにした。

出社し、薬と処方食を少し与え、友人に後を頼んで外出した。
帰ってみると、少しユルイけれど血便ではないうんちをしたと教えてくれた。
お土産に買ってきたシュークリームを見て、クレクレと大騒ぎするパピ。。
薬に過敏なだけに、整腸剤がとても効いてる模様。。。
やっぱり、浮気をせず、梅田東を受診しよう。。。

蛇足だけど・・・
体重は4.75kgのまま。。。ぜ~~んぜん減ってない。。
あんなに血便したり、食欲無かったりしたのに。。。
基礎体力があるということだから、良いことですよとは言われたけど・・・
確かにそうだとは思うけど・・・
なんだか、複雑だな~~~

うめだ東動物病院では
by papichan_daisuki | 2006-01-23 20:44 | ペットの健康
挙動不審がマシになったと思ったら・・・
パピの挙動不審はずいぶんマシになってきた。
お薬の影響がうすれてきたからだろう。。。と思っていたら、
朝食を全部吐いた・・・・。
それも、朝9時に食べたものを、夕方5時過ぎに。。。
処方食なのに、全く消化されていない。。

パピに使える胃薬を探す必要がありそう。。
でも、H2ブロッカー系は怖くて使えない。。

夜は食欲も無く、少しだけ出した処方食も食べない。。。
ギンギンだった目つきは、今度は病人(病犬?)のトロンとしたものに。。。
病院変えるか、それとも初心に戻って、絶食→おかゆ→納豆にするか、
はたまた、再度同じ獣医を受診して相談するか・・・。
悩むところだな~~~。

・・・・と書いていて、ふと思いついた!
そうだ!ホメオパシーを使ってみよう!!
何で思いつかなかったんだろう。。。薬の副作用に効くホメオパシーも
あったはず・・・。
早速調べて使ってみよう・・・まだ、ちょっと変なところも残ってるから。。
後遺症にまではならないとは思うけど、でも精神症状だから・・・。
by papichan_daisuki | 2006-01-21 23:35 | ペットの健康
パピの薬
●抗生物質
バイトリル
●胃薬(サモチジン:注射)
H2ブロッカー
(ファモチジンとメトクロプラシドの混合剤)
●嘔吐止め
サラゾピリン

獣医に電話をして、処方された薬の名前を確認した。
電話に出てきて、丁寧に対応してくれた。
パピの挙動不審については・・・獣医の経験からは、
今までに一例だけメトクロプラシドで挙動不審の副作用が出たワンコが
いたとのこと。(マルチーズ)
胃薬が原因になっている可能性が高いとは思うが、両方の薬の投与を中止して、処方食だけで様子を見てほしいとのことだった。

で、お薬110番で副作用を調べてみた。
やっぱり胃薬が可能性高そう。。。
H2ブロッカー系の薬は、今後はやめておくほうが安心かも。。。

★ファモチジン
副作用は少ないほうです。人によっては、肝機能値に異常があらわれたり、便秘がちになったりします。

ごくまれですが、不安感や無気力感、混乱や幻覚、けいれんなど精神神経系の副作用を生じる可能性があります。とくに、もともと腎臓の悪い人や高齢の人は注意してください。

特異な副作用として、白血球や血小板が減少する血液障害も知られています。そのほか、肝障害、腎炎、皮膚障害などの報告もあります。これらは、きわめてまれな副作用ですが、定期的な検査でチェックする必要があります。


【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください
アナフィラキシー・ショック..じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、息苦しい(ゼーゼー)、冷汗、顔が白くなる、手足のしびれ、脈が弱い、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。
腎臓の重い症状..発熱、発疹、だるい、吐き気、むくみ、尿の濁り、血尿、頻尿、尿が少ない・出ない、側腹部痛、腰痛。
重い血液成分の異常..発熱、喉の痛み、だるい、皮下出血(青あざ)や歯肉からの出血。
重い皮膚症状..高熱、ひどい発疹・発赤、唇や口内のただれ、のどが痛い、水ぶくれ、皮がむける、強い痛み、目の充血。
肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が褐色。
重い不整脈..動悸、頻脈(120/分以上)、徐脈(50/分以下)、胸の痛みや違和感、めまい・ふらつき、立ちくらみ、気が遠くなる、失神。
意識障害、けいれん..意識の乱れ、筋肉のぴくつき、筋肉の硬直、手足けいれん、全身けいれん。
横紋筋融解症..手足のしびれ・けいれん、手足に力が入らない、筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿。
間質性肺炎..から咳、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱。

【その他】
便秘
発疹、肝機能値の異常
乳首の腫れや痛み、生理不順
眠気、頭痛、めまい、不安感、無気力感
混乱状態、幻覚

★メトクロプラシド

★サラゾピリン
わりと多いのは、発疹やかゆみ、吐き気や嘔吐、食欲不振などです。まれに、発疹が全身に広がり、重い皮膚症状へ進展することがあります。もし、発疹や発赤など皮膚に異常がみられたら、いったん中止し医師に連絡してください。

重症化することは少ないですが、白血球や血小板が減少したり、血液の成分がおかしくなる血液障害も多いほうです。異常なだるさ、発熱やのどの痛み、皮下出血や歯肉出血など出血傾向に注意してください。予防のためには、定期的な血液検査が欠かせません。


【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください
血液障害、溶血性貧血..発熱、喉の痛み、だるい、皮下出血(青あざ)、歯肉の出血、息切れ、めまい、顔色が悪い、黄疸(皮膚や白目が黄色)。
重い皮膚症状..高熱、ひどい発疹・発赤、唇や口内のただれ、のどが痛い、水ぶくれ、皮がむける、強い痛み、目の充血。
遅発性の重い過敏症状、伝染性単核球症様症状..発疹、発熱、リンパ節の腫れ、皮膚や白目が黄色くなる。
肺障害(間質性肺炎など)..から咳、痰、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱。
腎臓の重い症状..発熱、発疹、だるい、吐き気、むくみ、尿の濁り、血尿、頻尿、尿が少ない・出ない、側腹部痛、腰痛。
消化性潰瘍・胃腸出血..胃痛、腹痛、下血(血液便、黒いタール状の便)、吐血。
肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が褐色。

【その他】
食欲不振、吐き気、嘔吐、口内炎、胃痛、下痢
発疹、かゆみ、光線過敏症
頭痛、めまい
尿路結石
by papichan_daisuki | 2006-01-20 17:41 | ペットの健康
パピちゃん挙動不審。。。
昨日獣医を受診し、検査の後抗生物質と吐き気止めは注射で打ってもらった。
獣医からの帰り道、パピがカイカイを始めた。。
しょうがないな~、軽いアレルギー症状起こしてるな~とは思っていた。。
(パピは日曜日に洗ったばかり、それまでは全くカイカイしていなかった)

会社では、おとなしく寝ていたパピ。
帰宅して、療養食に貰っていた胃薬と抗生物質を混ぜて与えた。
お腹をすかしていたパピは、薬にも気付かず完食。。。
・・・とここまでは良かったのだけど。。。

夜になって挙動が不審に・・・。
激しくカイカイをするのはもちろん、あたかも自分の周りで
ノミがはねているのを捕まえるかのような素振りをする。
100%ではないにしろ、この寒さでノミは無いだろう・・・と思ってはいたのだが。。
その後、窓を開けろとガリガリをはじめ、(1時ごろ)開けてやると、出て行かない。。
というのを3度繰り返し、3度目に出て行ったと思ったら、姉の部屋に入っていった。

姉に聞くと、泊まったら良いよと言うので、好きにさせてやろうと、
そのまま置いておいた。
2時ごろになって、私の部屋に戻ってきて、しばらくすると、また窓を開けろと
ガリガリ。開けてやっても出て行かない。
そして、フラッと一階に下りていった。
3時ごろまた部屋に戻ってきて、ガリガリ。
姉も目を覚まし、パピが挙動不審だという。まるで、幻覚でもみているかのようだと
心配する。ドーピングしているかのように、落ち着きがなく、
姉のベッドの上で走り回ったかと思ったら、ノミを捕るしぐさをするとのこと。
挙句の果てに(朝の4時に)両親の部屋でクンクン言い出した。
父親のベッドに上げてくれと鳴いている。。
・・・本当に一晩中ウロウロと家中を徘徊するパピ。。。

姉は、生食のせいじゃないかと言うんだけど、
タイミング的に、これは薬の副作用だと思うんだ。。。
夕食に与えた薬(抗生物質と胃薬)、どちらがこの副作用を引き起こしているのか
わからない。。
不安なので、朝食後の抗生物質は利華用にファーブルでもらったものに切り替えた。
胃薬も少し様子をみてから与えるかどうか決めようと思っている。。

今はかなり落ち着きを取り戻して、カイカイもしなくなった。。。
嘔吐も下痢も止まったけれど、挙動不審になる薬って・・・・。
電話で、薬の種類を確認しておくつもり。
本当は連れて行きたいのだけど、今日の天気予報は雪。
帰れなくなると困るので、パピも利華もお留守番させる予定。。
by papichan_daisuki | 2006-01-20 11:23 | ペットの健康
パピの検査結果
b0001166_1819910.jpg

いろいろ調べて、パピヨン飼いでもある獣医のところを受診した。
(パピヨンを2頭飼っているそうだ。。病院内には、愛犬のパステル画や写真が飾ってある)

レントゲン、超音波、血液検査、便検査の結果・・・・、直接の原因は不明。。
ただ、年末から年始にかけて、生食を食べているワンちゃんが
おなかを壊して受診するケースが増えているとのことだった。
治療は、以前と同じ抗生物質と胃薬、下痢止めの薬と処方食。
でも、さすがにパピヨンを飼っているだけあって、親切だった。。
アルブミン値が低いことに対しても、パピヨン(獣医の子を含め)には
低アルブミンの子が多いこと。そのことに対しては、必要以上に心配する必要が
ないこと・・・などなど丁寧に説明していただけた。
また、パピの薬に対する過敏にたいしても配慮いただけた。
食事のことを心配する私に、本来は、今日一日絶食しても
よいくらいだけれど、どうしても何か与えたければ、ミルクを10倍くらいに
薄めたもの、食欲があれば処方食を少量与えるようにとのことだった。。。

検査を受けてショックだったことは、体重が4.75kgにもなっていたこと。。
最後に体重を計ったのは正月前。。
ここ数日の血便、吐き気にもかかわらず、この体重。。。。
でも、そのおかげ?か、血便や吐血にもかかわらず、数値がそんなに悪くなってない。。
怪我の功名か・・・・。
それと、もう一つ。パピの腰骨、普通より一つ少ないことが判明。
普通は6個あるものが、パピには5つしか無いそうだ。。
まぁ、これは想定内って感じ・・・。
もともと噛み合わせに異常があり、姉がもらって来た当時は、
心臓肥大の可能性もいわれていた子。
骨が一個ぐらい少なかろうが、噛み合わせが多少わるかろうが、
私の可愛いパピには変わりないからね。
健康に影響しなければ、問題なし!

その後のパピは、
by papichan_daisuki | 2006-01-19 18:19 | ペットの健康
親の心子知らず
パピの調子が悪い。
嘔吐(血)を繰り返す。昨晩も、3時、5時、8時と吐いた。
気配で目が覚めるため、ほとんど徹夜(泣)。
でも、8時に吐いたものには血が混じってなかったので、少々ホッとした。。
のも束の間、パピは父親の起きた気配を察し、ワンワンと吼えはじめた。

パピは、毎朝父親にボール投げをしてもらうのが日課。
父親が起きるや否や、部屋の前でスタンバイ。
ワンワンと吼えながらボール投げをしているのだが・・・
血吐いて、血便している時にボール投げなんて厳禁!
抱っこして、私の部屋から飛び出すのを阻止していたが、
あまりにも激しく鳴くので、このままでも体に悪いと思い、
放してやって、父親にボール投げをしないように言い含めた。
父親に、ボールを投げろと大騒ぎするパピ。。
それを見た母が一言、「パピは、自分の命よりボールの方が大切みたい」・・・。
まったく~~、どれだけ心配してると思ってるのよ!!!

その後、食欲が戻ったらしく、ご飯をくれと要求するパピ。
急に固形物も良くないと思い、ヤギミルクを与えてみた。
しばらくして、半量くらいを嘔吐。。
半量くらいならましか~~と思って、掃除してあたりを見回すと
パピがいない。
パピ~~と呼ぶと、2階から降りてきた。。。
階段に血をつけながら・・・・。
すさまじい血便。それも鮮血。お尻の飾り毛から足まで付いている。。
ちょっと早いけど、もう病院に連れていこうと車に乗って獣医へ・・・。
定休日だった(号泣)
そのまま自宅に戻り、ネットで思いつく獣医を検索してみたが
ことごとく水曜日定休。

しょうがないので、レメディ(チャイナ)を与え、安静にさせておいた。
心配で心配で・・・・一緒に仕事をしている友人に電話をして
お休みしちゃった・・・・・。
ベッドの上で、ピクリとも動かないパピ。
思い出したように、えずいたりする。。でも、吐かない。
とりあえあず吐き気はおさまった模様。
でも、7時半ごろにも再度血便。
今度はオレンジ色。
食欲はあるらしいので、納豆を与えてみた。
今は、ホットカーペットの上で寝てる。。私を見ると、尻尾を振る。
少しは落ち着いたのかしら???
明日こそ獣医を受診するぞ!!!
このままじゃ貧血で死んじゃうんじゃないかって心配だ。。。
頼むから、安静にしていて欲しい。。。

午後11時現在
by papichan_daisuki | 2006-01-18 20:20 | ペットの健康
パピの調子が悪い。。。
日曜日くらいからあまり調子が良くなかったパピちゃん。
昨日の夜、訓練から戻ってしばらくしてから血を吐いた。。

今日一日安静にして様子を見ようと思って、
利華をつれて(爪きりと足裏バリカンをしに。。)出勤した。
家に戻って利華とパピに食事を与えようとすると、食べない。。。
あげくのはてに、血便、吐血。。。。
3ヶ月前とホボ同じ症状。
あの時も病院行って散々検査して、原因不明。
結局食事療法&納豆で治した。。

万が一何か病気があるといけないので、明日は病院に連れて行くつもり。
それにしても、何が原因かわからない。
まったく同じ食事をしている利華は、元気イッパイだから。
唯一思い当たることといえば、少々手抜きの手作りご飯。
いつもは、骨から出汁を取り、季節の野菜や玄米、その他もろもろを炊き込んだ
オリジナルを作っているのだけど、先週は買い物に行くのが面倒で。。。寒かったし・・・
GreenDogで買った、オーガニック素材の手作りご飯の元を使ったの。
その中に入ってる素材の中に、パピのアレルゲンになるものが
あったのか・・・・?Yeastか??はたまたガーリックか???
これは便利と、2袋買い足したのに。。。(泣)

ホメオパシーレメディも与えたが、いつものChinaやNux Vomicaはあまり効かない。
試しに与えてみたArnicaは効いてるみたい。。
(調子が悪かったり、血便したりしているときは、歯茎の色でわかる。
人間は、顔が真っ青になるけど、パピの場合、歯茎の血色が悪くなる。
状態が落ち着くと、歯茎の血色も戻ってくるの。。。)
Arnicaはプライドを傷つけられたときのNO1レメディらしい。。。
傷の修復にも良いそうだ。。。
利華だけを連れて行ったのがいけなかったのか??


明日は、訓練お休みして獣医さんだね。。。
by papichan_daisuki | 2006-01-18 00:19 | ペットの健康



ワンコと私の楽しい?生活
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧