<   2006年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧
パピのリハビリ日記1日目
退院してきて、安静にしておくだけかと思ったら、今日からリハビリスタート!
恐る恐る伸展・屈曲してみる。
パピは、全然痛がらない。
これまた恐る恐るベランダに出してみた。
多少よろけるし、立っているときは軽く足を着かなかったりするけど、
比較的安定して四本足で歩く。
一回目には、○んち&○っこ
2回目は○っこ
歩行をした後は、冷凍庫で冷やしてあるアイスノンでアイシング。
気持ち良さそうです。。

今日は、後一回9時過ぎにリハビリを行う予定。
パピのことを心配している親(特に父親)に、パピが歩ける姿を見せてやりたいから。

それにしても、訓練に行ってた子ってやっぱりスゴイと思う。
4本足で歩くって、本来はリハビリの2週目でやっと実現っていうレベルなのに
退院初日から歩いてしまう。。
訓練を引退して3ヶ月。筋肉が脂肪に変わったことも、今回の怪我の一因ではあるのだろうけど、やはり基礎体力がついてるってスゴイんだ~~と実感したわ。
ティントもじん帯断裂の手術後、先生も驚くぐらい治りが早かったから。

ネットを調べていると、股関節脱臼って事故とか高いところから飛び降りとか・・・
非常にシビアな出来事が原因で起こると書いてあるけど・・・
パピの場合、そんな大層なことは何にも無かった。
本当にシンプルに、おちゃちゃに売られた喧嘩を買ったって、寝転んでたのを
立ち上がって臨戦体制に入ろうとしたときに起こったって感じ・・・。
そのことを山口先生に聞いてみると、
パピはもともと股関節の溝が浅い方だった
したがって、可動域が狭い→可動域を超えると関節は外れる物・・・らしい

つま~~り、訓練を引退して筋肉が弱り、その上体重が増え、でもって行動は訓練に行っているときと同じように激しい・・・・という要因が全て重なり合ったようだ。
もう片一方の股関節の溝も割りに浅めということで・・・
今後の体重管理&筋肉・体力維持が、病気を未然に防ぐための重要なポイントになりそう。。
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-09-23 18:53 | ペットの健康
ぱぴちゃんお迎え
朝も早くから車に乗ってパピを迎えにファーブルに。
ここ2~3回平日に行ってたから、渋滞でも間に合うように1時間前に出発してた。。。
土日は渋滞しないってこと、すっかり忘れてた・・・
そんな訳で、30分前には到着。
診察の順番が来て、診察室に入っていくと、女医の獣医さんに抱かれたパピが
尻尾フリフリお出迎え♪
院長先生から、レントゲンを見ながら手術や術後のケアの説明を受けた。
メモを取れるように、ノートと筆記用具を持って行ってたけど、
リハビリの方法を書いたメモを渡された・・・要らんかったよ~~

6週間は絶対安静とはいうものの、2週間後には抜糸。
現在でも、フラフラしながらだけど、手術した方の足も使いながら歩いてる。
こんなに術後が良いのは、ファーブルならではなのよね。。。

ファーブルで教えられたのは、Dr. Bealというアメリカの関節鏡の第一人者が
考え出したというリハビリのプロトコル。文字ばっかりだから、画像入りのが無いかネットで探してみたけど今のところ見つからない。。。ヒューストンのガルフってところの病院に居るらしい。
全米でも最も臨床数の多い、関節の専門医(獣医)らしい・・・・
そこには、リハビリ専門の科もあるあらしい。。
ファーブルの山口先生もここで手術のレッスンを受けたりしてるみたい。。
山口先生曰く、Dr.Bealは仕事が速くてスゴイ!らしい。
他の動物病院の先生に言わせると、山口先生は手術が早くてスゴイ!らしいので、
その先生がスゴイというのなら、凄くスゴイのだろう・・・と想像する。
※ファーブルでいただいたリハビリのプロトコルですが、先様の許可を取っていないということで、アップするのは控えております。ただ、これって関節の手術後のリハビリ一般に応用できそうな内容なので、ご希望の方には、こっそりPDFファイルをお送りします。。
(自分用にいつでも見れるよう、PDFファイルにして置いてあるの。。)
その際は、フリーのアドレスでもお教えくださいませ。

英語でもOKですので、何かリハビリの手法をまとめたものがあれば
お教えくださいませ。もしくはこことかここでおススメの文献がありましたら、教えてね♥
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-09-23 14:32 | ペットの健康
リハビリ
手術は無事終了したとのこと。
最初の5日間は腫れが出るため、冷やす。それ以降は暖めるのが良いとのこと。
安静・リハビリ・冷やすを適切に繰り返す必要がありそう。
ストレッチ運動を行い、2分冷やす?って言ったかな・・・
もう一度正確に聞いてこよう。。

ネットでも調べてみたけど、詳しいリハビリの方法って載ってない。。。
ストレッチ運動とかのキーワードで調べた方が良いのかしら・・・
ハイドロセラピーについても、確認しておこう。。

dog dislocation of hip joint rehabilitation exercise after surgery
http://www.vetsurgerycentral.com/fho.htm
参考
1
2
3
4
After Care and Convalescence
After surgery has been completed intensive care is provided.
Pain control after surgery is maintained with morphine as needed. While at home, oral pain medication may be needed and a prescription of Tylenol #4 will be given to you at the time of discharge of your pet.
Activity is not limited after surgery. In fact, exercise will help to maintain a good range of motion of the hip joint. The owner should do rehabilitation therapy until the pet is using the limb normally. This involves flexing and extending the hip joint. Physiotherapy will help prevent adhesions from forming, thus maintaining a good range of motion of the hip region. Another form of physiotherapy is swimming if such a facility is available. It is also highly recommended that rehabilitation therapy sessions be scheduled with our therapist.
Most dogs will start to bear a small amount of weight on the limb within 2 weeks after surgery. Within 4 to 6 weeks your pet should bear a moderate amount of weight on the limb. By 2 to 3 months after surgery recovery is complete.
Your pet should be examined 2 weeks and 3 months after surgery to ensure that the hip region is healing well.
Most small pets do well following femoral head and neck excision surgery. Larger dogs can also do well but some weakness on that limb frequently can be seen. This is due to the muscles supporting the region of the hip instead of the actual joint. As a result, heavy exercise can cause the pet to become stiff or lame. Anti-inflammatory medication can be given to give your pet relief if needed. If you pet is a medium to large breed dog, total hip replacement is the preferred technique over femoral head and neck excision.
Frequently Asked Questions After Surgery

When should my dog have the first bowel movement after surgery?

Many dogs will not have a bowel movement for the first 4 to 5 days after surgery
Reasons that a dog will not have regular bowel movements after surgery include:
The dog has been fasted prior to surgery
Dogs do not eat well during the hospital stay
They frequently do not eat well when the go home
They are fed highly digestible food that produces little stool
Pain medication that contain narcotics (such as tylenol with codeine, tylenol 3, tylenol 4, morphine) can be constipating
If a pet does not have a bowel movement on the 5th day of being home a stool softener such as metamucil can be fed
Dose of metamucil 1 tsp per 25 Kg mixed in with each meal (canned dog food)
My pet had surgery and will not eat. What can be done?

Dogs
Most pets will not eat their regular dog food after surgery, especially if it is kibble.
Offer a cooked diet having a 1:1 ratio of a protein source and carbohydrate source. The protein source can be any meat (example: chicken breast, turkey breast, lean hamburger) that is low fat and should be cooked and any residual fat skimmed off. The carbohydrate can be pasta, potato or white rice.
Try canned dog food; to enhance the flavor sprinkle a very small amount of garlic powder or chicken or beef broth (Chicken-in-a- MugTM or Beef-in-a-MugTM products)
Try Gerber strained meats for babies such as the chicken, beef, turkey, or veal
Try Hill's A/D diet available at most veterinary hospitals
Hand feeding; place a small amount of food in the mouth so that they get the flavor
Warm the food slightly in a microwave as the food will be more aromatic; remember to stir the food before feeding and test the temperature on the bottom side of your wrist; it should only be luke warm.
Remember that most pets will not eat the first day or two after they get home from surgery
Cats
Offer smelly foods that contain fish such as tuna or smelly cat foods
Try Gerber strained meats for babies such as the chicken, beef, turkey or veal
Hand feeding; place a small amount of food in the mouth so that they get the flavor
Warm the food slightly in a microwave as the food will be more aromatic; remember to stir the food before feeding and test the temperature with your finger; it should be only luke-warm.
Some cats will only eat dry food, try kibble if your cat normally has been fed that food
Petting and stroking your cat frequently will help to stimulate appetite
Remember that most pets will not eat the first day or two after they get home from surgery
Appetite stimulants such as cyproheptadine may be helpful
If your cat refuses to eat anything for 7 days a stomach tube should be placed to provide nutrition so that a serious liver problem (hepatic lipidosis) does not develop
My pet is vomiting now that he/she is at home. What can be done?

The first thing for you to discern is whether your pet is vomiting or regurgitating. Both will result in fluid or food being brought up. Vomiting always will have heaving or retching of the abdomen prior to expulsion of the vomitus. Regurgitation is not associated with heaving and the dog usually just opens the mouth and fluid or food will be expelled. Usually the regurgitant will be clear or brown colored fluid.
Next is to identify the cause of the vomiting or regurgitation.
Causes and treatment of vomiting after surgery
When some pets return home after a stay in the hospital they may drink excessive amounts of water at one time and then vomit; if this appears to be happening the water should be limited to frequent smaller amounts.
Medications such as antibiotics or tylenol/codeine are are common cause of vomiting after surgery. In order to see which medication is causing the problem the administration of each drug should be separated 2 hours apart. Usually the pet will vomit or appear nauseated (drooling and sick look) within 1 hour of administration of the medication that they are sensitive to. The antibiotic in some cases may be changed to a different one, or may be discontinued. The tylenol/codeine should be discontinued and another type of pain medication tried to help minimize vomiting.
Stomach upset from anesthesia is a potential cause of vomiting and will pass within a couple of days.
Unusual cause of vomiting after surgery is internal organ failure. Blood testing will confirm this problem. For this reason vomiting should not be ignored if it persists for more than 24 hours.
If your pet had surgery of the bowels or stomach, vomiting is always a concern, as it may indicate that infection of the abdominal cavity, called peritonitis, is present. Do not ignore this sign.
Symptomatic treatment of vomiting involves with holding food for 12 to 24 hours, then introducing small amounts of bland food such as rice and lean cooked hamburger, if your pet does not vomit after that then. In order to decrease the acidity of the stomach Pepcid AC 0.5 mg/kg given by mouth twice daily for 5 days can sooth an upset stomach. Metoclopramide is a good anti-vomiting medication for dogs and cats. You should always consult a veterinary healthcare professional before administering medication.
Causes and treatment of regurgitation after surgery
The most common cause of regurgitation is reflux of acid from the stomach into the esophagus while your pet is under anesthesia. Acidic fluid from the stomach can cause a chemical burn of the esophagus and result in a bad case of heart burn, which is called esophagitis. This results in poor motility of the esophagus so water and food will accumulate in this structure. In most cases esphagitis is self-eliminating and will resolve within two or three days.
Regurgitation also can be caused by a neuromuscular degeneration of the esophagus and this problem will persist. It is not associated with surgery, rather other underlying diseases.
If the esophagitis is severe the esophagus may develop one or more strictures. A stricture is a narrowing or stenosis of the esophagus, does not allow passage of food down the esophagus, thus the pet has persistent regurgitation. This problem should be brought to the attention of your doctor within the first two weeks so that it can be treated by ballooning the stricture (minimally invasive procedure as it is done with the aide of an endoscope). If an esophageal stricture is chronic surgery is needed.
Symptomatic treatment of regurgitation caused by esophagitis includes feeding bland food, and administering a coating agent such as sucralfate. You should consult a veterinary health care professional if the regurgitation continues for more than a couple of days.
How do I know that my dog is in pain following surgery?

Signs of pain include
crying
biting if you get near the surgical site
grimacing (lips are pulled back and the the dog looks anxious)
tragic look of the face
restlessness and not wanting to sleep; pacing
if abdominal surgery was done the pet will not lie down on the incision, or will continually sit up in spite of appearing very tired
the worst pain will be for the first 2 to 3 days after surgery
What can be done for pain at home for my dog?

Pain medication such as tylenol with codeine, butorphanol, Duragesic (fentanyl patch) anti-inflammatories such as Deramaxx, Rimadyl, or Etogesic; in some cases a sedative such as acepromazine will augment the effect of pain medication and allow your pet to sleep
If an orthopedic surgery has been done cold packing the surgical site may be helpful
A cold pack may be a pack of frozen peas, crushed ice in a Ziploc bag, or a cold gel pack; place a thin barrier between the skin and the cold pack. An alternative to a cold pack is to freeze water in a styrofoam cup; after frozen cut the bottom of the styrofoam cup out and in circular motions (directly on skin) cool the surgical site around the incision. Cooling the surgical site helps to numb the area
How do I know that my cat is in pain following surgery?

Pain is more difficult to assess in cats versus dogs as signs can be more subtle and they usually do not vocalize
Signs of pain in a cat include the following:
biting if you get near the surgical site
growling or deep cry
not wanting to eat
hiding and not wanting to be near owner (remember that this could also be caused by the cat just being upset about leaving home and coming back)
What can be done for pain at home for my cat?

Pain medication such as buprenorphine or a Duragesic (fentanyl) patch
Tylenol will kill a cat as they lack abundant glutathione enzyme in the liver
Anti-inflammatories can be used, but the dose is much less than dogs and they should be given only for a few days
Is it okay for my pet to lick the incision?

If a dog licks his incision it will actually delay the healing process because they usually lick too much and traumatize the area.
Licking can remove stitches and cause the incision to open
Licking can become a severe habit that is difficult to break
Licking can cause infection as the mouth has many bacteria
Dogs will frequently lick the incision when the owner is not watching such as at night time; if the skin looks red or excoriated the most common cause is from licking.
To stop your pet from licking the following can be tried:
Elizabethan collar can be placed on the neck; this will not help stop your pet from scratching at the region
Cervical collar (bite not collar) is a less awkward device and can be effective at stopping a pet from licking the surgical site
If the incision is over the chest a tee shirt can be put on your pet and the waist of the shirt fastened in place with an ace bandage or duct tape.
If the incision is over the paw or lower limb a bandage or sock could be put on and kept up with tape.
Bitter apple can be applied around the incision; many dogs will continue to lick after application of this topical
Bitter Apple and Liquid HeetTM (obtain this from a drugstore...it is used for sore muscles) mixed in a 2:1 ratio can be applied around the skin incision
Antipsychotic medication in some cases is needed
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-09-22 17:14 | ペットの健康
今日の気分はシチュー
パピが入院中だと、何となく気になって、落ち着かない。
毎日電話をして、状態は確認してるけど・・・

担当の若い女医さんは、とっても親切で、
昨日の夕方までは痛みがあるみたいで、はぁはぁしてましたけど、今は落ち着いてます。
とか、夜鳴きもしないし、周りのワンちゃんの鳴き声にも影響されないみたいです。
とか、ご飯はしっかり全部食べましたよ。。。とか・・・・
年甲斐も無くオロオロしている私に、とても親切にパピの状態を報告。
安心させていただきました。

心配はしているけれど、お腹は空くのよね・・・
というわけど、シチューの専門店に行ってきました。
ボリュームタップリで美味しかったです♪
b0001166_163197.jpg

[PR]
by papichan_daisuki | 2006-09-21 18:07 | 日々の出来事
利華が居て良かった。。
b0001166_15244836.jpg

私の現在の待ち受け画面・・・

パピが股関節脱臼を起こした。。。
おちゃちゃに喧嘩を売られ、それを買って立ち上がろうとして瞬間に
ギャン!と鳴いて・・・その声に異常を感じた私は、何が起こったか、
どこがどうなったのかを確認もせず、そのまま夜間動物病院に連れて行った。
10分足らずの動物病院までの間、パピは痛みのため舌が出っぱなし。
よだれを垂れ流し状態だった。
やっと診察の順番が回ってきて、診察台に乗せ触診開始。
足をついていないことに気がついた。
レントゲンを撮ってもらって確認したら股関節が脱臼してる。
麻酔をかけて整復してもらい、固定をして翌朝ファーブルに連れて行った。
院長が金曜日まで不在とのことなので、固定をしたまま金曜日を待つことに。

今朝、朝ごはんをあげようと階下に下りていったら、パピの様子がちょっと変。
舌をだらんと出して、荒い息をしてる。
庭でも走ったか?と思いながらコーヒーを飲みながら様子を見ていたが
どうもおかしい。何かあったのかと母に聞いたら、階段から落ちたとのこと。
よく見ると、舌をだして荒い息をしているのは痛みのためのよう。
尻尾も下がったまま。
慌てて車に飛び乗って、ファーブルに連れて行った。
結果は、再脱臼。しかも、今回の脱臼の衝撃で受け側の周りの繊維組織にも
断裂ができて、整復すらできない状態に。
涙ちょちょぎれ・・・
金曜日の手術日まで入院することになってしまった。

コレくらいのこと・・・でさえかなりのショック。
痛みのために尻尾が下りたまま、目もどんより
痛々しい3本足の姿に涙が止まらなかった。。
利華が居て良かった。
利華が居なかったら、落ち込み激しかっただろうな・・・って思うもん。。

他の病院での手術という選択肢も考えたけど、利華での経験があるから・・・
下手なところで手術をして失敗されても、今度はファーブルでは受け入れてもらえない。
ファーブルの院長、股関節には絶対の自信を持ってるから、よそで手術を受けたと言ったら
きっとプライドを傷つけられたと感じるだろうから・・・。
早く金曜日が来て、手術してもらって、痛みから解放してやりたい。
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-09-19 15:24 | 日々の出来事
プリントタオル PART2
b0001166_2146063.jpgb0001166_2145454.jpg


b0001166_21453910.jpg
b0001166_21451450.jpg


昨日の画像を送ったら、色々バリエーションを作って送ってきてくださった。
で、その中から上の4つをピックアップ!
これで印刷してもらう予定です。

写真と実物がどんな風になるのか、今からとっても楽しみです。
ぼかしとかまで表現できるのかしらん?
昇華式のインクジェットでの印刷だと思うから、かなりキレイに
印刷できるとは思うのだけど・・・・
楽しみ~~♪
良いのができたら、今度はバスタオル作るワン!
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-09-17 21:49 | 今日のわんこ
プリントタオル
プロのカメラマンに撮ってもらった利華の写真が気に入ったので、
何か物にして残したいと思って・・・
かばんは、作り倒して使ってない物多数・・・
Tシャツやトレーナーは作るのが面倒だけど着ないし・・・

で、以前犬の写心家とホタルBLOG取り上げていた、タオル屋さん
『犬文字屋』  http://inumonji.comにタオル(ハンカチ)
をオーダーすることにしたの。
写真送ったら、トリミングして名前などを配置した完成見本の写真を送ってくれる。。
で、ここからが問題。。。
せっかくのオーダーですから、希望をできる限り反映させてくださるとの
ありがたいお言葉・・・・
しか~~し!悲しいかな、私にはセンスというものが欠けているのよね~~
で、一日考えて、無駄な考え休むに似たり・・・という結論に達し・・・
b0001166_22564879.jpgb0001166_2257187.jpg


b0001166_22572030.jpg
b0001166_22581138.jpg



とりあえずこんなもんで・・・、あとは先様に頼ることにしました。。。
出来上がりは、約一ヵ月後・・・さて、どんなのができてくるかお楽しみ~~

ええ感じにできたら良いのにな~、姉や友人ったら、
「あんたの作ったの見て、良かったら私も作ろ♪」って言うのよ~
でや!ええやろ~、羨ましいやろ~~って見せびらかしてやりたいもんだ。。
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-09-16 22:55 | 日々の出来事
今日のワンコ
携帯のカメラで撮影
b0001166_1829337.jpg

最近の携帯のカメラにはオートフォーカス機能が付いてるらしい。
リバースモードで、てきと~~にシャッター押してもこの通り。
なかなか可愛いく撮れてる♥

b0001166_23214378.jpg
b0001166_23215472.jpg
b0001166_2322343.jpg

プロの撮影した写真↑とも遜色無い?
でも~、プロ用の機材で撮影したデータは、データが大きいので、
かばんを作ったりなどにはピッタリなの。
携帯の写真データでは、それができない・・・
それともできるのかしら??いまいち携帯を使いこなせていないワ タ シ・・・
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-09-12 22:17 | 日々の出来事
歯が命。。
利華の前歯の歯垢が気になる・・・と言い続けて半年?近く・・・
海外通販でデンタルケア製品を色々買って・・・
国内でも、目に付いたデンタルケア製品を色々買って・・・
神戸の歯科の専門獣医直伝のブラッシングの方法を友人から教えてもらったり
ブラッシング、デンタルワイプ・・・を実行したけど、芳しい結果は得られず・・・
自慢じゃないけど、とっても不器用な私にはスケーリングは怖くてできない・・・

しか~~し!
b0001166_2227437.jpg

プードルカフェの表紙モデルも勤めた、まぁめちゃんのママさんと
ご一緒する機会があって・・・
まぁめママさんが歯垢を取ってくださったの!
b0001166_22285789.jpg

おかげで、歯がキレイになっただけじゃなく、歯茎の色まで
健康なピンク色に!!
まぁめママさんに感謝!!!
後は、このキレイさをキープするために、歯磨きするだけ。
キープするだけくらいなら、デンタルワイプと歯磨きガムで多分十分だろと思うのよ~

嬉しいわ♥

だって、何度も手術をした利華に、また麻酔をかけて歯の歯垢取りをするのって・・・
すごく抵抗あったのよ~
だから、来年にしようかな~とか、静岡の移動トリミングサロンの人が
麻酔なしで歯垢取りをすると聞いて、友人と一緒に静岡に遊びに行きがてら
歯垢取りしようか、とか・・・色々悩んでたんだよね。。
そんな悩みが一気に解決!
本当に感謝感激ですm(_ _)m
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-09-11 22:36 | ペットの健康
てぃんちゃんモデル再び・・・
以前、飼い主ともども全国版の雑誌にデビューしたてぃんちゃん。
今度は、ぺピーという通販カタログでモデルを務めた。
グードという生食の会社の広告モデル。。。
b0001166_22142336.jpg

食べてる途中で「待て!」をかけられたため、目が死んでる・・(笑)

モデルしたっていうと、お金貰ったって勘違いする人もいるかも知れないけど・・・
実際には、タダ。
それどころか、あご・あし(食事代、交通費)も持ち出し・・・っていうのが現実よ~~
飼い主の大いなる自己満足なのよね~~
わかっちゃいるけど止められない、っていう病気の一種よね(笑)
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-09-11 22:18 | 日々の出来事



ワンコと私の楽しい?生活
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧