<   2006年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧
Leaky Gut Syndrome
本村伸子の《「胃腸が弱い」ではすまされない!》を読んでみた。
非ステロイド系消炎剤や抗生物質・・・が主な原因とのこと・・・
思い当たる・・・っつ~か、血便、吐血、嘔吐の薬って、
ステロイド剤を除けば、非ステロイド系消炎剤しかないんだもん。。
抗生物質は、お決まりのようについてくるし。。。

早速、本に書いてある植物性乳酸菌を取り入れようと、吉永小百合が宣伝している植物性乳酸菌ドリンクを買ってきて、パピにあげてみた。・・・が、お気に召さないようで・・・・。
ヤクルトは飲むんだけどな~~
スーパーに売ってなかったから、コンビ回って探して買ってきたのに~~
それも4本も。。しょうがない、私が飲むか・・・。

甘草も化粧品用にお酒で成分抽出しようと買ってあったので、これでお茶を作って飲ませようか。。。
とりあえず、良いということは、試してみよう♪

で、内容的に不満足な面も多々あったので、Amazonで参考資料として挙げてあった本をオーダーしちゃた。もちろん、人間用の情報も検索してみた。
MedlinePlusではまだ掲載されていない。
人間用としても、また医学的に確定認知されていない言葉のようだ。
でも、こんなページ見つけた♪
キャッツクローのエッセンスは以前に購入してあったので、まずはこれを使ってみよう♪
あとは、Slippery elmを買えば、推奨してあるハーブ三種類全部揃っちゃう。

・・・でも、少し冷静になって、一種類ずつ使ってみるつもり。。
あるからって、全部まとめて使ったら、かえって良くないかも。。。
使い方の研究が必要だわ。。。

それより何より、やっぱりDetoxかな~
パピと一緒に利華も私もDetoxしようかしら・・・。
私はダイエットのため、利華は吸収アップのために。。。
でもな~、私は豆腐の根性だから・・・空腹に耐えられるかしら・・・・
そこが大きな問題だ・・・。
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-04-10 23:18 | ペットの健康
変な家族・・・(memo:パピヒート)
桜の花も満開を迎え・・・・
朝から、両親が花見に行くと騒いでる。。
お前も一緒に来いという。。。
・・・というわけで、家族全員(人間4人、犬4匹)で近所の公園に
花見に行ってきた。。。
私は、スッピン&寝起きのボロボロのスタイルで(笑)
後部座席に、決して小柄では無い私と姉&これまた小柄じゃないラブ、大騒ぎ犬のおちゃちゃ、チビ2匹・・・・。もう、詰め詰め。
b0001166_2182091.jpg

b0001166_2193412.jpg

大変だったけど、おチビたちと桜の写真が撮れたからヨシとしよう。。

ワンコ全員集合
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-04-09 21:10 | 日々の出来事
今日のワンコ
今日は、ラブはお留守番。
いつもは両親と一緒に出勤しているだけに、ショックは大きい・・・
そのため、家のチビたち用に置いてあるベッドでふて寝中。。。
b0001166_2164675.jpg

30kg以上ある体を丸めて、ひたすら両親が自分を連れに
来てくれるのを待っている。。

久々に、私の休みに4匹揃ったので、庭で写真を撮ってみた。
b0001166_2185626.jpg

玄関に佇む地蔵。。もとい、おちゃちゃ。。

b0001166_21235233.jpg

白い地蔵・・・ラブちゃんです(笑)

b0001166_219331.jpg

タンポポとぱぴ♪

b0001166_2110292.jpg

いつもマイペースな利華。まだ待てができないので、まともな写真が撮れない。。

変な天気
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-04-08 21:10 | 今日のわんこ
本ゲット!!
b0001166_2130441.jpg

念願の「フレンドの遺言状」をゲットしました。
ついでに、コンテンツを読んで、パピの症状に似ていると感じた、
《「胃腸が弱い」ですまされない》他数冊もついでに購入しました。

「フレンドの遺言」を読んで、非常に身近に感じたとともに、
もう少し、科学的なアプローチをして欲しかった・・・というのが本音です。。

なぜなら、うちのラブも競技会に参加し、優秀な成績を収めた子。
ただ、フレンドと違うのは、家族が競技会に熱中していたわけではなく、
ラブに才能があり、訓練に嫌がらずに行くなら、行けるところまで
行ったら良いや~~ん・・・というノリで競技会に行っていたこと。
その分、ストレスが無かったんだろうな~と、今になって思うのです。
というのも、ラブの同期のワンコたちは、ことごとく癌で早死に。
元気に10歳を迎えたのは、ラブだけという現実があるから...。

多くの訓練犬を癌で無くした経験を持つ訓練士さんが、わざわざ姉を
たずねて、もしラブが癌になっても、絶対手術をしないでくださいと
お願いに来られたことがあります。
(手術をした子は、ことごとく非常に苦しみながら最後を迎え、手術をしなかった子達は、最後の日まで散歩をし、食事を取り、眠るように最後を迎えているというのです)

ラブ自身も8~9歳の頃、目の上に腫瘍ができたことがあります。
(現在12歳)
訓練士さんの言葉もあり、手術はしない!でも、放っておくことはできない!
・・・という訳で、腫瘍に有効な代替療法を探しまくりました。
そのときに見つけたのが、生食、ホメオパシー、ハーブ療法、東洋医学(鍼灸など)、本にも書かれていましたが、キノコ、(うちの場合は白まいたけの粉)、有機野菜(本ではブロッコリー)・・etc...
最初は右目上、その後消失したと思ったら、今度は左目上・・・と治ったと思ったらまた出たり・・を2~3度繰り返した後、現在は跡形もありません。
姉は、白まいたけの粉を現在も継続していますし、その他ヨクイニン(はと麦の粉です)やクロレラなどをフードにトッピングして使っています。
膣の辺りにできものができたり・・など、腫瘍体質といわれるラブラドールだけに、今後何が起こるかわかりませんが、現在はババアとはいえ元気に暮らしています。
癌摘出手術をしたフレンドより長生きです。
b0001166_22401795.jpg

関係ないけど、今日の桜。。

ホリスティック獣医師
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-04-07 22:30 | ペットの健康
ティント雑誌デビュー
b0001166_16122543.jpg

以前、友人が取材を受けた雑誌が発売になりました!
なんと、3Pにわたってカラーで掲載されてます。
しか~~し!他のセレブな方々に混じり、なんとも下町チックで場違いなことか・・・。
芸能人が取材を受けて、写真チェックをするのも納得。。
もうちょっと、何とかならんかったのか~~?
あんたの顔は要らん!もっとティントの可愛い顔を使ってもらえば良かったのに~~と友人に突っ込んでしまいました(笑)
知り合いの欲目もありますが、実物のティントの方が可愛いです。。。

b0001166_16124333.jpg

友人のワンコのティントは、23番です。

時間とお金に余裕のあるかたは、ぜひご購入の上、中綴じのはがきで
23番のティントに清き一票をお願いしますm(_ _)m
ちなみに、本の価格は1300円(高っ!)
まぁ、気が向いた方のみで結構です(笑)

・・・友人は、ティントを表紙にしたいそうなので・・・・(笑)
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-04-06 16:12 | 今日のわんこ
東京からお客様
今日は、東京からお客様が来られていたので、仕事の打ち合わせを兼ねて
梅田へ。。療養中のワンコが心配な友人ともども、今日は速攻直帰した(笑)
時間があるので、気になっていたことを調べてみた。

おちゃちゃを病院に連れて行ったとき、たまたまダックスの子犬を抱いた人が居た。その人に、病院の人がフィラリアの薬について説明してた。曰く、今までは8ヶ月間の予防だったけど、アメリカの新しいガイドラインで一年間フルに予防することが推奨されている云々。。。耳をダンボにして聞いていたが、ホントかな~、調べてみよう・・・と思っていた。ついでに、ワクチンについてもアメリカ獣医学会の見解を調べてみた。
※獣医学会の見解=エビデンス(調査結果、研究に基づいた根拠)ではありません
欧米の人間の医療では、EBM(evidence based medicine)根拠(証拠)に基づいた投薬(治療)という考え方が一般的です(日本では、まだまだですが・・・)

確かに一年を通してフィラリアの予防をすることが推奨されていました。
※ただし、ちょっと意味が違うけど・・・詳しくは、下のURLから内容をご確認くださいませ~。
その前に注意しなければいけないのは、前文に書かれていること。
フィラリア(heartwormの駆虫剤)の予防薬に対して、heartwormに耐性ができてきていることが疑われる。平たく言えば、虫が薬に慣れて、薬自体が効かなくなってるってこと。。
もしそうなら、予防薬(駆虫剤)を飲ませても無駄ってことになります。。
※これは、ノミ・ダニの予防薬にも同じことが言われているようですが・・・。
これに関しても、また時間ができたときにでも要チェック。。

また、2003年までは、1年に一度の感染検査を推奨していたが、今年からは4ヶ月に一度の検査を推奨しています。。

私としては、薬剤の投薬は最小限に抑えたい。
効きもしない薬ならば尚更。。
なので、私の今年のフィラリア予防は、通年どおり自分自身が蚊の存在を感じた月から
寒くなって蚊が居なくなったと感じた月までにしようと思っています。
(通常は5~6月~11~12月まで、暖冬の場合は、1月まで)
プラス投薬直前、10月末、3月頭の年3回のフィラリア検査ということにしようと思っています。
・・・ってことは、とっととフィラリア検査に行かなくちゃ。
いっそのこと、投薬を止めて、4ヶ月毎に検査を受けるていうのも、一つの方法ではありますが・・・。これは、もうちょっと調べてから・・・うちの近所、夏場は結構蚊が多いので。。

ワクチンに関しては、アメリカ獣医学会も逃げてるって感じ。。
ワクチンの重要性を訴えながらも、健康状態や居住地域、ライフスタイルに合わせたワクチン接種が必要だと述べています。いずれにしても、これを読むと10種や8種などのワクチンは、怖くて打てない。。

以前に調べた資料(どこだったか良く覚えてないけど。。ええかげんですね・・)では、
日本の獣医の収入の約7割がワクチン接種によるもの。アメリカでも同様(ちょっと少ないくらい)だったと思う。。ってことは、ワクチンの有効性を否定することは、獣医自体の収入に直接影響を与えるってことですよね。。。
そんな現実があれば、ワクチン接種を止めようなんて口が裂けても言えないのもしょうがないでしょうね・・・。飼い主にしてみれば、必要最小限の投薬で、最高のパフォーマンスを求めたいのですが・・・。

アメリカ獣医学会

ワクチンについてQ&A

ワクチンについて
※これは一読の価値ありです。多種のワクチンの一度の接種の危険性を示唆しています。
フィラリア予防のガイドライン
翻訳
※かなり変な日本語ですが、大体の意味は取れるかな~~と思って・・・。

旭屋書店のバカ!
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-04-05 22:17 | 日々の出来事
本ゲット!
本村伸子著「フレンドの遺言状 それでもあなたはワクチンを打ちますか?」
探しまくりました!
ネットオンリーの書店では、全て取り扱い不可。
それならば・・・、と近所の書店で予約にトライしてみました。。
結果は・・・
出版社にも在庫が無い・・・2005年6月に初版の本。
それも、ベストセラー作家の本じゃない。そんな本が売り切れなんて・・
と、書店のオヤジが驚くような事態になっていました。
(私は、心ひそかに獣医師団体の圧力がかかったのだろうと想像してます)

もう一軒の本屋でも同じ返事。

最初の本屋のオヤジが親切にアドバイスしてくれたのですが、
「本屋の在庫を探す」「古本屋を探す」のどちらかしか、この本を
手に入れる方法は無いとのこと。。。

で、やや大手、しかし全国規模じゃないところの直販サイトを探し・・・
ゲットできました~・・・と思います。確定メールがまだなので、少々不安も残りますが。。
早く読みたいな~~。
もし、買えなかったら、図書館行ってでも読んでやる!
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-04-04 21:31 | 日々の出来事
悩み多きシーズン
毎年この時期になると悩んでしまうのが、ワクチン接種のこと。
混合ワクチン、狂犬病と立て続けにやってくる。
以前、ワクチンを打った後、打った場所の毛がバサバサになり、
翌日から血便・・・ということがあってからワクチン打つのが心配で心配で・・・。

せめてもの副作用防御の方法として、ホメオパシーのレメディーを
接種の前後に与えるようにはしてるんだけど・・・・。

毎年この時期になると、ワクチン接種を止めて、
ホメオパシーのレメディー(ワクチンの代用レメディーがAinsworthからでてる)
で予防しようか・・・と悩むのだ。。

パピは訓練に出していることもあり、他のワンコと一緒になることも多いだけに
自分だけの価値判断で、他の人に迷惑をかけることはできない。。。
以前血便したときに散々調べまくったから、ワクチンの有効性や有効期間に
疑問を持っているのも事実。
さらに今日、ワンコ関連の本を探していて、本村伸子の
「フレンドの遺言状 それでもあなたはワクチンを打ちますか?」
という本見つけてしまった。。。
この本、BK1でもAmazonでもその上紀伊国屋でも取り扱い中止。
売れすぎて在庫が無いのか、それとも、
圧力がかかって売れなくなっているのか・・・
いずれにせよ、ゲットするつもりではあるけれど・・・。

ワクチン接種に関しては、アレルギー持ちのパピのために
日本といわず、アメリカ、イギリス、オーストラリアと英語圏の情報も
調べまくった私。。。
同じような人がいるもので、こんなサイトを見つけた。
私と違って、マメにまとめておられるけれど・・・(笑)

どうしようかな~、悩むな~、体に良いことなら、こんなに悩むこともないんだけど・・・。
パピに万が一のことがあったら、自分で自分を許せない。
もっと理にかなった、予防策は無いんだろうか。。。
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-04-04 11:54 | ペットの健康
地蔵
b0001166_11411128.jpg

部屋でゲームして遊んでたら、下からワンコの泣き声が・・・。
利華が目を覚まして(応接室のソファーでお休み中だったので置いてきた・・)
泣いているのだろうと思い、迎えに行くと・・・・
地蔵が泣いていた(笑)

鬼のような飼い主は、お部屋にとって返し、カメラを取ってきて
パチパチ(笑)
その後で、ちゃんと抱いて姉の部屋まで運んでやったよ~~

私のおチビたちは、ソファーの上でくつろぎ中。。
b0001166_1371218.jpg

利華は、ベッドから降りれないけど、ソファーからも降りれない・・・
降りたくなったら泣くんだよね~~
早く降りれるようになって欲しいと思う今日この頃・・・
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-04-02 11:46 | 日々の出来事
花粉症再発・・・
暖かさが戻り、ようやく春らしいお天気に。
・・・天気は良いけど、花粉症も再発。。。。
利華を散歩に連れて行くつもりが、くしゃみの連発で断念。
その代わり、庭に出して自分で遊んでもらうことにした。。
利華はボールには反応しないので、私が走って、名前を呼んで
走らせることに・・・・
b0001166_18495543.jpg

まともな写真は撮れなかったけど・・走る利華。。。

b0001166_18515158.jpg

走る利華と走るパピの残像・・・

b0001166_18575724.jpg

ボールフリークのパピ。
利華もパピと同じくらいボールに興味を持つようになってくれれば良いのに。。
そしたら、飼い主は動かなくても勝手に運動させられるのに・・・(苦笑)

友人のワンコの手術が無事終わったそうだ。
傷跡は痛々しいものの、夕方になって元気も回復してきたよう。
ヘタレな子だから、手術は相当ショックだったのだとおもうけど、
ようやく落ち着いてきたようだ。
後は、順調に治ってくれるのを祈るのみ。

おちゃちゃは。。。
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-04-01 19:04 | 日々の出来事



ワンコと私の楽しい?生活
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧