カテゴリ:ペットの健康( 56 )
本村伸子セミナー
友人と一緒に芦屋市民センター別館で開かれた「本村伸子セミナー」に行ってきた。
午前・午後の2部構成で・・・
両方ともホドホドに面白かった・・・でも、午前中の講義の内容(ハーブ、バッチフラワーレメディー、ハーブシャンプー?)は要らんかったかも。。
あれよりゃもうちょっとマシなもの作れるモン。。
アロマは資格取ったし、バッチフラワーやハーブに関してはプロの講義受けてるし・・・
陰陽五行に関しては、陰陽道士フリークの友人の方が詳しいと思うし、
姉が四柱推命学してるから、初歩の本読んだ程度くらいの知識なら私だってあるし。。
だいたいさ~、無理矢理、五行に犬種を当てはめるなんてナンセンス・・
っていうか、新しいもん好きのヤンキーがやりそうなこと。。。って思ったのは私だけ?(笑)
どうせだったらさ~、四柱推命学で占って、ほ~~ら当てはまるんだよ~って
やればよいのにさっ・・・・。

Dr.Bのときにも思ったんだけど、生食や手作りご飯を推奨する獣医という人たちは
どうしてこうもexperimentalでemotionalなんだろう?
scientific aproachってそんなじゃないよね?!
evidenceがあり、studyがあって初めてscientificだよ~~
そんなことだから、いつまでたっても亜流にしかなれない。。

AHVMAのページで、必要な書籍やテープ、DVDなんかも購入可能。
興味のある人はどうぞ~~。
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-11-23 20:42 | ペットの健康
画像診断
前回に引き続き、山口先生にパピの状態について
相談した。今回は、レントゲンを撮っていたので、レントゲンを見ながら
説明を受けた。
パピの股関節はやはり浅いとのことで、体重制限は必須。
背骨(尾っぽに近い付近)がヘルニアっぽくなっているように見受けられる。
レントゲンでは、椎間板ヘルニアなのか、骨盤の不安定症なのかの診断はできない。
MRIもしくはCTでの画像診断の必要があるが、パピの場合金属が入っているので
MRIの場合、画像が乱れる可能性があるとのこと。
CT検査を受けるなら、箕面の夜間動物病院の2階にあるところで受けるのが
おススメだそうです。
なんでも、そこの先生は、アメリカの画像診断の専門医資格を取っているそうで。
これって、日本でもっている人はほとんど居ないくらいの資格だそうで・・・
その技術力の高さは日本有数だそうです。

対処方法としては、不安定症の場合、手術よりは無理をせず様子を見るのが主流だそうで。。
椎間板の場合、場所的には麻痺が起こりにくい場所なので、これまた痛みが出たり
歩けなくなったりしない限りは、経過観察というのが第一選択だそうです。。

いずれにせよ、一度検査だけは受けておこうかな・・・・とは考えてます。。
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-11-05 22:00 | ペットの健康
術後5週目。パピちゃん一週間遅れの定期検診
足を付かなくなって、慌ててファーブルに飛び込んでから、一週間。
歩行チェックに行ってきました。
多少ぎこちなさは残るものの、4本足で歩いています。
多少時間があったので(朝8時30分から予約取ったから~)、足の状態についての
可能性を色々聞いてみた。
可能性としては、
・関節炎(脱臼を起こした際に軟骨部分が剥離した&その軟骨部分は再生しないそうだ・・・)
・椎間板(パピヨンの場合可能性は低いそうだ)
・アレルギー(手術に使っている溶ける糸に反応している可能性が考えられる)・・・etc

アレルギーに関しては、以前にも薬や糸等等に反応を起こすため、アレルギーの治療を受けてから手術を受けた子も居るそうで・・・。山口先生のおススメは、「ふじむら動物病院」のようだ。。
ここでアレルギーの治療を受けてから、ファーブルで手術を受けた子も居るらしい。。。
近所だから、一度相談に行ってこようかな・・・。
私は、整形外科分野での山口先生をとっても信頼してる。その山口先生が信頼している皮膚科の専門医(ファーブルにも居るんだけどね~(笑))なのだから、おそらくは勉強熱心で海外のスタンダードを実践しようと言う姿勢なんじゃぁないかな~~、そうだったら良いな~~
明日電話してみようっと♪

パピのアレルギー症状に関しては、今まで何件もの獣医を受診し、様々な検査を受け・・・
結果、原因不明とか、ステロイドしか方法が無い、とか大した検査もしてないのに、インターフェロンだ!とか・・・人を馬鹿にしたような無知な診断が多かった。。
散々色んな獣医を受診しただけでなく、日本国内はもとより海外の獣医師向けの情報サイトなどでも治療法やスタンダード、対症方法、それぞれの治療法のメリット・ディメリットなども調べまくった。。安易にステロイドを出す獣医は、素人と一緒。全く信用に値しない。
私にとっては、パピのアレルギー症状はとっても酷い。でも、一般的なアレルギーの視点からいけば、軽い方に位置づけられるってことも理解してるの・・・。
脅かせば、いくらでもお金を出すだろうっていうオバカな獣医の口車に乗らない冷静さも、今のところ一応持ち合わせているつもり・・・自慢じゃないけど、症状が酷くなると、速攻冷静さは吹っ飛ぶけどね(苦笑)

今日の山口先生は
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-10-28 23:32 | ペットの健康
寿命が縮む・・・
今朝いつものように、「パピ~、利華~、ご飯行くよ~」と声を掛けた。
最近は、2匹を呼び、パピを抱っこして階段を下りる。。。というのが日課。
今朝に限って、パピがなかなか来ない。。おかしいな~と思っていたら、
やっと現れた。。が、足がおかしい。。。
手術した方の足を着いていないのだ。
変な風に寝ていて、血行が悪くなってるだけか?と思って様子を見たが
一向に足を着く様子が無い。しかも、非常に不安定な歩き方。。
せっかく順調に治ってたのに。今週末で手術から4週目。
歩行チェックして、5・6週間目に突入の予定だったのに・・・

気付いたのは、朝の7時半。。
朝ごはんを与えて、コウケントーを当てながら、8時半になるのを待ち、
ファーブルに電話した。

やはり直ぐに来いとのことで・・・状態によっては骨頭切除手術になるかも・・・
とのことで・・・
とりあえず、パピを連れてファーブルを受診した。(号泣)

山口先生の予約は全て埋まっている。。で、空き時間ができるのを
ひたすら待って・・・受診できたのが到着してから1時間半後。。
レントゲン検査を受けて・・・・
不幸中の幸いで、人工じん帯は切れてなかった。
おそらく、人工じん帯の周りにできつつある自前の組織
に傷が入ったのだろうとのこと。。
4日分の鎮痛消炎剤を貰い、絶対安静を言い渡された。

一緒に仕事している友人に電話したら、今日一日付いててあげたらって
言ってくれたので、お言葉に甘えて、一日見張ってた。。
明日からは、一緒に出勤して、会社においてあるゲージに入れておくつもり。

もう、本当に寿命が縮むよ~~~

===========追記================
食い意地の張ったパピちゃん、8時半の夕食を完食し、
9時過ぎ現在、多少不安定なところはあるものの、4本足で歩いております。
30分間のコウケントーが効いたのか、それとも時間薬か・・・
何でも良いから、ちゃんと治ってよね~~
オバサンの精神衛生上良くないから・・・
眉間に皴が入るわよ(泣)
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-10-19 19:45 | ペットの健康
ダイエット
パピが股関節脱臼してから約1ヶ月。
体重管理が大切とのことで、ダイエット大作戦を行っていた。
自分自身には甘いワタクシ。。、自分の食べる量は減らせないけど、
パピの食べる量は、厳密かつシビアに減らしてみました。。
本日計量の結果は・・・
b0001166_2155258.jpg

パピちゃん4.1kg!!
目標は4kgジャストだから、あともうチョット。
目標を達成したら、あとはキープあるのみ。・・・そっちの方が難しそうだけど・・・

利華もついでに体重測定。
b0001166_2191449.jpg

利華は1.8kg。1.8~1.9で安定って感じかな?
ヒートの時には、2.1~2.2くらいまで体重が増える。
年をとると、嫌でも体重増えるから、無理して体重を増やすのは止めにしたの。。。
最近良く食べるから、体重を増やそうと思えば簡単なんだけど・・・
ご飯も残さず食べるようになったし・・・
でも、足に負担をかけるのも怖いから、今ぐらいで良いかな~とも思ってるの。

それにしても、チビたちをこよなく愛する
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-10-15 21:13 | ペットの健康
エリザベスカラー評価
b0001166_22423397.jpg

パピの抜糸が済んだので、今まで使っていたエリザベスカラー色々を片付けた。
パピが持ってるエリザベスカラーは、大きく分けて3種類6個。
一般的な獣医さんで使っているプラスチックのカラー(色つき・サイズ色々)4個、浮き輪タイプ、紙のタイプ各一個。

パピはアレルギーが尻尾に出るという傾向が・・・
今回入院するに当たり、飼い主がパニックになっていたため
フードアレルギーがあることを病院に言い忘れた(汗)
入院中も食欲が落ちないパピちゃん、おかげでシッカリ尻尾にカイカイが出ちゃった。。。
そうなると、紙のエリザベスは役に立たない。
浮き輪タイプもダメ。
首のサイズに合わせると、通常のプラスチックのものもバツ。
ワンサイズ大き目でないと、尻尾まではカバーできない。
唯一ここのは、首のサイズに合わせたものでも
尻尾までカバーできたの。
最近は、ホックで留めるタイプが主流だけど、昔のマジックテープで付けるタイプ。。
これは、ダメ。。
パピぐらいになると、自分で勝手にはずしちゃう。。

傷やカイカイを保護したり予防したりするためのエリザベスだけど、
やはりワンコにとってはストレス。。
紙のタイプや浮き輪のタイプは重さや視界といった意味では優秀。。
なので、目が届く範囲では、ストレスの少ないエリザベス。
目が届かない時や寝るときなどは、かわいそうだけど傷やカイカイの場所をフルに
カバーできるエリザベスにしてたの。

エリザベスもメーカーによって長さが違う。キチンとそのサイズまで書いてる所って少ないよね。。でも、首の大きさにかかわらず、カバーできるということが大前提。
そこまでキチンと表示して欲しいもんだと思う今日この頃。。
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-10-08 22:58 | ペットの健康
パピ抜糸
手術から今日でやっと2週間目。
8時半にファーブルを受診、抜糸してもらった。
b0001166_22203280.jpg
b0001166_22204544.jpg

歩行チェックを受けて、非常に順調との評価。何事も無かったかのように、普通に4本足であるいてたから、そういわれるのも尤もだとは思うけど。。。
何時ごろから4本足で歩き始めましたか?という質問に
帰ってきた当日から4本足でした・・・と答えた。言外に、元気なのは良いのだけど、
おかげで寝不足・・・・というのは伝わったかしら。。。(苦笑)。

今日は、ついでに利華も連れて行って診てもらった。
利華の曲がって付いた方の足(ファーブルの山口先生の言うところの外固定で治した足。私に言わせると、前の獣医が手術を失敗した方の足)の肘の部分にかさぶたができている。
利華が器用にカイカイするのだ。
単なるカイカイなら良いんだけど・・・
関節の所だから、万が一のことがあってはいけないと思って・・・

受診して、かさぶたの所を診てもらった(拡大鏡のようなものを装着して診てくれた(笑))。
かさぶたの下に皮膚ができているから、大丈夫だとは思うけど・・・
曲がっているだけに、負担もあるだろうから・・・とのこと。
皮膚を防護するために、何か・・・と言われたので、
少し袖が長めのお洋服をきせることにした。服は色々あるからね~。
袖つきの服は、骨折の時色々買ったから・・・・。
でもって、2週間後のパピの受診の際にもう一度診てもらうことになった。

それにしても、整形外科ならココという獣医を見つけておいて本当に良かった。
パピが予想外に元気なため、この2週間寝不足にはなったけど、
利華の最初のときのように、不安と焦燥感、不信感に悩まされて、
不眠になることは無かったから・・・。
この違いは、とっても大きい。
下手な処置を受けると、利華のように後々不調が出てきたりするし。。。
専門医の標榜を義務付けると良いのに・・・・
専門医じゃなければ、安くするとか・・・・
できもしない処置をして、お金を取るってある意味詐欺行為だし・・・
人間の医療とちがって保険制度が無いのだから、医師のレベルによって
支払い金額変えたって良いと思うのよ~
そうすれば、ヤブのくせに、人並みの請求を起こすなんてこともできなくなるだろうし、
技術を上げれば収入につながるから、勉強することに力も入るだろうし・・・
今のままじゃ、人間の医者と一緒で、ヤブが大きな顔して医療行為してる。。
ヤブの方がかえって儲けてる・・・っていう理不尽な状態が続くよね。。
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-10-07 22:26 | ペットの健康
読書の秋 ペットフードと食品添加物
読書の秋ってことで、通勤の友に「食品の裏側(安部 司著)」という食品添加物について
書かれた本を読んでみた。
b0001166_1920533.jpg


その中で、作者が一番問題視していたのが「タンパク加水分解物」。
たんぱく質(肉・魚・大豆など)を塩酸に漬けてアミノ酸に分解し、中和したもの。。
発がん性が問題視されている塩化化合物残留の問題はもちろん、
味覚を麻痺させる(風味付けに使われているから)原因もなっているのだそう。

今年の7月、パピのカイカイが出て、近所に新しくできた、非常に高度な設備を整えた動物病院に行ったとき、動物性のアレルギーを起こさない療法食とやらを渡された。
b0001166_1927887.jpg
b0001166_19272051.jpg


コレを見て、何が言いたいのかわかるかしら・・・
原材料は、含有量の多い順に並べると法律で決められている。
つまり、ウォルサムのは、米の次に加水分解大豆タンパクが来てる。
ヒルズのは、コーンスターチの次に加水分解チキン・・・。
要は、穀物に危険と言われている大量のタンパク加水分解物を大量に混ぜ込み
風味付けしてるってこと・・・・。
コレを知った上で、愛犬にこんなフードを与えている人がどれくらい居るのかしら?
アレルギーは出なくなっても、癌になったら元も子も無いじゃん。
何だかとっても本末転倒なフードだわ。
それにしても、たんぱく質を分解したらアミノ酸って言う理屈はわかるけど、
塩酸なんかで分解した加水分解タンパクなんかで、
必要十分な量のたんぱく質を摂取できるの?
たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラルすべてのバランスが整ってるていうのが
ドッグフード(Kibble)の売りだけど・・・
何か違うって感じるのよね・・・・

近所の一坪ショップで
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-09-30 19:35 | ペットの健康
パピのリハビリ日記 6日目
手術跡に貼ってあったシールがはがれかけている。
念のため病院に電話をして、必要であれば受診しようと思っていた。
電話には、感じの良いいつもの美人の女医さんが出てきてくださった。
手術の日から十分に日にちが経っているので、再受診の必要は無い。
気になるようなら、自宅で適当な物を貼ってもらってOKとのことだった。
利華のときにも同じようなことがあり、その時は院長に何も貼らなくても良い
と言われたので、現状維持することにした。
そういや~、ティントのときも、徐々にはがしていったら良いって言われた
って言ってたような・・・。

手術跡の腫れも引き、歩行は安定してる。
悲しいかな、朝の要求泣きも引き続き継続中(泣)
本日は朝晩2回のリハビリ&コーケントーのセットを行った。

今日3本足で歩いているヨーキーを見かけた
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-09-29 00:09 | ペットの健康
パピのリハビリ日記 5日目
本日からリハビリの前に、温罨法で患部を温めるというのがプラスされる。
温罨法には、蒸しタオルや電子レンジでチンする湯たんぽなどを用いると
良いらしい。でもって、こんな効果があるらしい。
でも~、手術跡に貼られているシールが取れかけている現在、
蒸しタオルなんか当てたら、シールが完全にはがれてしまいそう・・・。
そんなの困る。。ので、本日は温罨法の代わりにコーケントーを利用した。
1回目・2回目のリハビリ時ともに20分ずつ照射。
気になっていた関節の冷えは、コーケントーで随分マシになった。
明日ファーブルに電話をして、シールを張替えに行ったほうが良いか
確認するつもり。

リハビリを行う前に、必ず行っている肢のチェック&屈曲・伸張。
そのたびに気になってたのか、手術をした方の足の関節が冷たいこと。
冷たい→血流が悪い→治りが遅い・筋肉が弱ってる・・・
そんなことが頭の隅をかすめて・・・
早く暖めてやりたいと思ってたの。。
本日から、暖め解禁。
やっと5日、まだ5日・・・いずれにしても先はまだ遠いです。。
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-09-27 22:06 | ペットの健康



ワンコと私の楽しい?生活
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧