2006年 09月 19日 ( 1 )
利華が居て良かった。。
b0001166_15244836.jpg

私の現在の待ち受け画面・・・

パピが股関節脱臼を起こした。。。
おちゃちゃに喧嘩を売られ、それを買って立ち上がろうとして瞬間に
ギャン!と鳴いて・・・その声に異常を感じた私は、何が起こったか、
どこがどうなったのかを確認もせず、そのまま夜間動物病院に連れて行った。
10分足らずの動物病院までの間、パピは痛みのため舌が出っぱなし。
よだれを垂れ流し状態だった。
やっと診察の順番が回ってきて、診察台に乗せ触診開始。
足をついていないことに気がついた。
レントゲンを撮ってもらって確認したら股関節が脱臼してる。
麻酔をかけて整復してもらい、固定をして翌朝ファーブルに連れて行った。
院長が金曜日まで不在とのことなので、固定をしたまま金曜日を待つことに。

今朝、朝ごはんをあげようと階下に下りていったら、パピの様子がちょっと変。
舌をだらんと出して、荒い息をしてる。
庭でも走ったか?と思いながらコーヒーを飲みながら様子を見ていたが
どうもおかしい。何かあったのかと母に聞いたら、階段から落ちたとのこと。
よく見ると、舌をだして荒い息をしているのは痛みのためのよう。
尻尾も下がったまま。
慌てて車に飛び乗って、ファーブルに連れて行った。
結果は、再脱臼。しかも、今回の脱臼の衝撃で受け側の周りの繊維組織にも
断裂ができて、整復すらできない状態に。
涙ちょちょぎれ・・・
金曜日の手術日まで入院することになってしまった。

コレくらいのこと・・・でさえかなりのショック。
痛みのために尻尾が下りたまま、目もどんより
痛々しい3本足の姿に涙が止まらなかった。。
利華が居て良かった。
利華が居なかったら、落ち込み激しかっただろうな・・・って思うもん。。

他の病院での手術という選択肢も考えたけど、利華での経験があるから・・・
下手なところで手術をして失敗されても、今度はファーブルでは受け入れてもらえない。
ファーブルの院長、股関節には絶対の自信を持ってるから、よそで手術を受けたと言ったら
きっとプライドを傷つけられたと感じるだろうから・・・。
早く金曜日が来て、手術してもらって、痛みから解放してやりたい。
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-09-19 15:24 | 日々の出来事



ワンコと私の楽しい?生活
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧