2006年 01月 20日 ( 2 )
パピの薬
●抗生物質
バイトリル
●胃薬(サモチジン:注射)
H2ブロッカー
(ファモチジンとメトクロプラシドの混合剤)
●嘔吐止め
サラゾピリン

獣医に電話をして、処方された薬の名前を確認した。
電話に出てきて、丁寧に対応してくれた。
パピの挙動不審については・・・獣医の経験からは、
今までに一例だけメトクロプラシドで挙動不審の副作用が出たワンコが
いたとのこと。(マルチーズ)
胃薬が原因になっている可能性が高いとは思うが、両方の薬の投与を中止して、処方食だけで様子を見てほしいとのことだった。

で、お薬110番で副作用を調べてみた。
やっぱり胃薬が可能性高そう。。。
H2ブロッカー系の薬は、今後はやめておくほうが安心かも。。。

★ファモチジン
副作用は少ないほうです。人によっては、肝機能値に異常があらわれたり、便秘がちになったりします。

ごくまれですが、不安感や無気力感、混乱や幻覚、けいれんなど精神神経系の副作用を生じる可能性があります。とくに、もともと腎臓の悪い人や高齢の人は注意してください。

特異な副作用として、白血球や血小板が減少する血液障害も知られています。そのほか、肝障害、腎炎、皮膚障害などの報告もあります。これらは、きわめてまれな副作用ですが、定期的な検査でチェックする必要があります。


【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください
アナフィラキシー・ショック..じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、息苦しい(ゼーゼー)、冷汗、顔が白くなる、手足のしびれ、脈が弱い、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。
腎臓の重い症状..発熱、発疹、だるい、吐き気、むくみ、尿の濁り、血尿、頻尿、尿が少ない・出ない、側腹部痛、腰痛。
重い血液成分の異常..発熱、喉の痛み、だるい、皮下出血(青あざ)や歯肉からの出血。
重い皮膚症状..高熱、ひどい発疹・発赤、唇や口内のただれ、のどが痛い、水ぶくれ、皮がむける、強い痛み、目の充血。
肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が褐色。
重い不整脈..動悸、頻脈(120/分以上)、徐脈(50/分以下)、胸の痛みや違和感、めまい・ふらつき、立ちくらみ、気が遠くなる、失神。
意識障害、けいれん..意識の乱れ、筋肉のぴくつき、筋肉の硬直、手足けいれん、全身けいれん。
横紋筋融解症..手足のしびれ・けいれん、手足に力が入らない、筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿。
間質性肺炎..から咳、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱。

【その他】
便秘
発疹、肝機能値の異常
乳首の腫れや痛み、生理不順
眠気、頭痛、めまい、不安感、無気力感
混乱状態、幻覚

★メトクロプラシド

★サラゾピリン
わりと多いのは、発疹やかゆみ、吐き気や嘔吐、食欲不振などです。まれに、発疹が全身に広がり、重い皮膚症状へ進展することがあります。もし、発疹や発赤など皮膚に異常がみられたら、いったん中止し医師に連絡してください。

重症化することは少ないですが、白血球や血小板が減少したり、血液の成分がおかしくなる血液障害も多いほうです。異常なだるさ、発熱やのどの痛み、皮下出血や歯肉出血など出血傾向に注意してください。予防のためには、定期的な血液検査が欠かせません。


【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください
血液障害、溶血性貧血..発熱、喉の痛み、だるい、皮下出血(青あざ)、歯肉の出血、息切れ、めまい、顔色が悪い、黄疸(皮膚や白目が黄色)。
重い皮膚症状..高熱、ひどい発疹・発赤、唇や口内のただれ、のどが痛い、水ぶくれ、皮がむける、強い痛み、目の充血。
遅発性の重い過敏症状、伝染性単核球症様症状..発疹、発熱、リンパ節の腫れ、皮膚や白目が黄色くなる。
肺障害(間質性肺炎など)..から咳、痰、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱。
腎臓の重い症状..発熱、発疹、だるい、吐き気、むくみ、尿の濁り、血尿、頻尿、尿が少ない・出ない、側腹部痛、腰痛。
消化性潰瘍・胃腸出血..胃痛、腹痛、下血(血液便、黒いタール状の便)、吐血。
肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が褐色。

【その他】
食欲不振、吐き気、嘔吐、口内炎、胃痛、下痢
発疹、かゆみ、光線過敏症
頭痛、めまい
尿路結石
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-01-20 17:41 | ペットの健康
パピちゃん挙動不審。。。
昨日獣医を受診し、検査の後抗生物質と吐き気止めは注射で打ってもらった。
獣医からの帰り道、パピがカイカイを始めた。。
しょうがないな~、軽いアレルギー症状起こしてるな~とは思っていた。。
(パピは日曜日に洗ったばかり、それまでは全くカイカイしていなかった)

会社では、おとなしく寝ていたパピ。
帰宅して、療養食に貰っていた胃薬と抗生物質を混ぜて与えた。
お腹をすかしていたパピは、薬にも気付かず完食。。。
・・・とここまでは良かったのだけど。。。

夜になって挙動が不審に・・・。
激しくカイカイをするのはもちろん、あたかも自分の周りで
ノミがはねているのを捕まえるかのような素振りをする。
100%ではないにしろ、この寒さでノミは無いだろう・・・と思ってはいたのだが。。
その後、窓を開けろとガリガリをはじめ、(1時ごろ)開けてやると、出て行かない。。
というのを3度繰り返し、3度目に出て行ったと思ったら、姉の部屋に入っていった。

姉に聞くと、泊まったら良いよと言うので、好きにさせてやろうと、
そのまま置いておいた。
2時ごろになって、私の部屋に戻ってきて、しばらくすると、また窓を開けろと
ガリガリ。開けてやっても出て行かない。
そして、フラッと一階に下りていった。
3時ごろまた部屋に戻ってきて、ガリガリ。
姉も目を覚まし、パピが挙動不審だという。まるで、幻覚でもみているかのようだと
心配する。ドーピングしているかのように、落ち着きがなく、
姉のベッドの上で走り回ったかと思ったら、ノミを捕るしぐさをするとのこと。
挙句の果てに(朝の4時に)両親の部屋でクンクン言い出した。
父親のベッドに上げてくれと鳴いている。。
・・・本当に一晩中ウロウロと家中を徘徊するパピ。。。

姉は、生食のせいじゃないかと言うんだけど、
タイミング的に、これは薬の副作用だと思うんだ。。。
夕食に与えた薬(抗生物質と胃薬)、どちらがこの副作用を引き起こしているのか
わからない。。
不安なので、朝食後の抗生物質は利華用にファーブルでもらったものに切り替えた。
胃薬も少し様子をみてから与えるかどうか決めようと思っている。。

今はかなり落ち着きを取り戻して、カイカイもしなくなった。。。
嘔吐も下痢も止まったけれど、挙動不審になる薬って・・・・。
電話で、薬の種類を確認しておくつもり。
本当は連れて行きたいのだけど、今日の天気予報は雪。
帰れなくなると困るので、パピも利華もお留守番させる予定。。
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-01-20 11:23 | ペットの健康



ワンコと私の楽しい?生活
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧