パピ抜糸
手術から今日でやっと2週間目。
8時半にファーブルを受診、抜糸してもらった。
b0001166_22203280.jpg
b0001166_22204544.jpg

歩行チェックを受けて、非常に順調との評価。何事も無かったかのように、普通に4本足であるいてたから、そういわれるのも尤もだとは思うけど。。。
何時ごろから4本足で歩き始めましたか?という質問に
帰ってきた当日から4本足でした・・・と答えた。言外に、元気なのは良いのだけど、
おかげで寝不足・・・・というのは伝わったかしら。。。(苦笑)。

今日は、ついでに利華も連れて行って診てもらった。
利華の曲がって付いた方の足(ファーブルの山口先生の言うところの外固定で治した足。私に言わせると、前の獣医が手術を失敗した方の足)の肘の部分にかさぶたができている。
利華が器用にカイカイするのだ。
単なるカイカイなら良いんだけど・・・
関節の所だから、万が一のことがあってはいけないと思って・・・

受診して、かさぶたの所を診てもらった(拡大鏡のようなものを装着して診てくれた(笑))。
かさぶたの下に皮膚ができているから、大丈夫だとは思うけど・・・
曲がっているだけに、負担もあるだろうから・・・とのこと。
皮膚を防護するために、何か・・・と言われたので、
少し袖が長めのお洋服をきせることにした。服は色々あるからね~。
袖つきの服は、骨折の時色々買ったから・・・・。
でもって、2週間後のパピの受診の際にもう一度診てもらうことになった。

それにしても、整形外科ならココという獣医を見つけておいて本当に良かった。
パピが予想外に元気なため、この2週間寝不足にはなったけど、
利華の最初のときのように、不安と焦燥感、不信感に悩まされて、
不眠になることは無かったから・・・。
この違いは、とっても大きい。
下手な処置を受けると、利華のように後々不調が出てきたりするし。。。
専門医の標榜を義務付けると良いのに・・・・
専門医じゃなければ、安くするとか・・・・
できもしない処置をして、お金を取るってある意味詐欺行為だし・・・
人間の医療とちがって保険制度が無いのだから、医師のレベルによって
支払い金額変えたって良いと思うのよ~
そうすれば、ヤブのくせに、人並みの請求を起こすなんてこともできなくなるだろうし、
技術を上げれば収入につながるから、勉強することに力も入るだろうし・・・
今のままじゃ、人間の医者と一緒で、ヤブが大きな顔して医療行為してる。。
ヤブの方がかえって儲けてる・・・っていう理不尽な状態が続くよね。。
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-10-07 22:26 | ペットの健康
<< 無添加の日 シールがはがれた・・・ >>



ワンコと私の楽しい?生活
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧