あぁ最悪・・・
利華の治療が終わって気が抜けたせいか、花粉症になってしまった私・・・
目シバシバ、くしゃみは出るは、鼻水は出るわ・・・・
鼻をかみすぎて、鼻の周りは赤腫れるわ。。。。
熱まで出そうな勢いだったので、お仕事をお休みして休息・・・のはずが・・・

夜になって、やっと花粉症の症状も落ち着いてきたな~~と思ったところに
おちゃちゃの足が腫れてると姉が大騒ぎ。
急遽夜間動物病院に連れて行くことになった。

おちゃちゃは、大騒ぎ犬なの。。。
病院に着くなり、大声で騒ぎまくり・・・
受付の人にやんわりと外で待つように言われちゃった。。
花粉症なのに・・・今日は寒いのに・・・
診察中も、殺される~~とばかりに大騒ぎするおちゃちゃ。。
毛抜けの時期だけに、束で毛が抜けて飛び散る飛び散る・・・
家に帰ってきて、ぐったり疲れた上に、花粉症の症状も再発。。。
最悪だ・・・・



確かに大騒ぎして連れて行ったのだけど・・・
骨折を確認しますといいながら、ちょっと触っただけ・・・
そんなんで、骨折の有無が確認できるとも思えない。。
でもって、組織検査をしたのまでは良かったんだけど・・・
処置がね~~~

ティツリーオイルを塗って痛がったから連れて行ったんだけど、
こういうユーカリ系のオイルは嗅覚の敏感な犬には良くないとおっしゃる。
まぁ確かに匂いはきついわな~~

で、大先生の処置は、先ず、抗生剤を注射。
腫れてる場所(前足の人間で言う小指のところ)の毛をそり、
イソジンで消毒、その上にステロイド軟膏を塗布。
腫れでステロイド塗る神経も疑ったけど・・・
イソジンで消毒だぜ~~、抗ウィルス作用も、抗菌作用も弱い、
風邪の予防なら、普通の水でうがいをした方がマシといわれた(専門医に)
イソジンだぜ~~
それも、子供へのイソジンの多用は毒性があると言われたイソジンだぜ~~

でもって、その後が笑える・・・
綿の包帯でグルグル巻きにした上から、さらにバンデージを巻いて
それでも納得せず、ビニールテープで止めたんだよ~~
それも、きつく巻きすぎると壊死を起こしますから~とか何とか言いながら・・・
b0001166_21512979.jpg

その上、エリザベスカラーまで着けさせた。

それが、今朝になってみたら、行儀の悪い子の靴下状態
b0001166_21515551.jpg

その上蒸れてた。。。

一言いわせていただくと、私はオーストラリア政府医療認可を取った医療用の
ティーツリーオイルを使用。(1%未満に希釈して)※個人輸入してるのよ。。
ティーツリーオイルには、抗菌、抗ウィルス、殺菌、キズの修復作用があることが
医学的にも認められている。
イソジンよりは、マシだと思うわ~~~

あげくのはてに、今日行った獣医の処置は、シャンプーでキズを洗うこと。。
これもどうかとは思うけど、先般の獣医の処置よりは100倍マシだと
言わざるを得ない。。。
日本の獣医医療って遅れてる。。

だって、怪我した人間にシャンプー処方して、キズを洗いなさいなんていう
医者っている??
人間にしないことをどうして動物にはするの???
犬は舐めるからというなら、だからこそエリザベスカラーを着ける意味が
あるのでしょ??
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-03-29 00:24 | 日々の出来事
<< 変な天気 利華の全快を祝して、石鹸プレゼント! >>



ワンコと私の楽しい?生活
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧