しつけについて・・・
愛しのサザビーさんところで、ワンコの「しつけ」について語られている。
そこにリンクを貼られていたLeopapaさんところも覗いてきた。

「アルファーシンドローム」私風に言えば、「噛み犬」。
我が家の場合、多犬種、多頭飼いなので、一頭飼いの場合とは
かなり事情が違う。。

我が家のワンコのリーダーはおちゃちゃ(13歳♀)。
これが、気が強くてしっかりもの。
ラブもパピも、そして現在は利華も、基本はおちゃちゃによって、
しっかり仕込まれている。
飼い主に逆らってはいけない、噛んではいけないってことを
飼い主が教える前に教えてくれちゃうのだ♪

たとえば、
利華が歯磨きされるのが嫌でうなり声をあげて私を威嚇する

パピが利華を威嚇する

おちゃちゃが現れて、利華を威嚇する
・・・といった具合。
なので、私は余裕を持って、噛みたきゃ噛めば~~と、言えちゃうのです。
私を噛んだら、パピとおちゃちゃに噛まれるよ~~と・・・
ラブは静観してるけど、顔は出さないまでも
何かあったら現れる。。

食事に関しても、利華は当初はあまり食べない子だったけど、
「よそ見してると、上の3匹に取られてしまう」ってことを学習したおかげで、
いまは、好き嫌いをせず、しっかり食べる子に変身。
パピと同量のご飯をペロリと平らげるようになったの。
最初は顔を背けていた納豆も完食するように。。

多頭飼いの場合、しつけは楽よ~~♪
基本ができているから、しつけ本に書いてあるNG項目を実践したって
アルファーにはならないの♪
だって、以下の項目(Leopapaさんのところからお借りしてきました)のうち

・どこを触っても大丈夫なようにタッチングをしましょう。
・引張りっこは飼主が最後は勝って終わりましょう。
・玄関を出るときは、犬が先に出ないように待たせましょ。
・犬と一緒にベットで寝るのは止めましょう。
・犬をソファ等の上に乗せるのはやめましょう。
・マズルコントロールをしましょう。

我が家では、引っ張りっこは、飼い主が飽きたら犬が最後に勝っても
止めちゃうし、犬と一緒にベッドで寝てるし、ソファは主にワンコたちが
使用してるし、玄関は、扉を開けたら、ワンコが先ず飛び出すし~~(笑)
でも、きちんと「待て」が効くから、自分が先に出たいときには待たせられるし、
呼び戻しも効くし(利華はまだだけど・・・)、マズルコントロールも
リラックスポジション(お腹を見せさせる)も歯磨きだって
問題なしだもん。
待てはもちろんだけど、お手やお座り、伏せだって、飼い主が教えなくたって、
上の子たちがするから、自然に覚えてくれるしね~♪

ただ、教えようとすると、他の子たちが集まってきて、
我先に、自分ができることをアピールし始めるのが玉に瑕だけど・・・(笑)
利華にお座りを教えようとして、「お座り」と声をかけると、
ワラワラと3匹が集まってきて、お座りしちゃうのよ(笑)

私の経験からいくと、アルファーの矯正には、訓練士さんにお任せの
訓練では効果が無い。(友人のワンコで証明済み(笑))
とってもアルファーな子の矯正には、飼い主が一緒になって訓練する方式で
ないとね。。。飼い主自身が変わらないと、ワンコも変わらない気がするの。。。
いっそのこと、思い切って多頭飼いしちゃうっていうのはどうかしら・・・
(すいません、無責任発言です。。)
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-03-23 23:36 | 日々の出来事
<< ぱぴちゃん♥ ぱぴちゃん洗濯 >>



ワンコと私の楽しい?生活
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧