石鹸の材料の薀蓄をちょっと。。
今日、仕事サボってわんこ27匹の緊急里親(一時預かり)募集のページ
をチェックしていた。
そこに貼られていた獣医のリンク
そのページの代替療法のページにオリーブオイル石鹸が取り上げられてあった。
ふ~~ん。。と思って読んでいたのだが・・・
もしかして、手作り石鹸していない人って、石鹸の材料知らない??
そうよね~、私も手作り石鹸始めるまでは知らなかったんだもん!!

そこで、石鹸材料についてちょっと語ってみることにしました。。
(ちょっと早い時間に帰宅できたので~~)

石鹸の主な材料って油と水。でもって、市販の石鹸で、植物性原料と書いてあるもの以外は
ほとんど全てラード(主に豚の油、まれに牛の油)。
それを書くのが嫌で、石鹸素地使用と書いてあるものも・・・。
まぁ、いずれにせよ動物性油脂が原料であることには間違いが無い。

ラードで作る石鹸には、メリットとディメリットがある。
メリットの主な項目は、安価であること、泡立ちが良いこと、硬い石鹸に仕上がること。
逆に、ディメリットはアレルギー作用と毛穴を詰まらせる作用といわれている。
※市販の石鹸には天然のグリセリン(保湿成分)を取り除いてあるとか
他にも色々ありますが・・・・。
植物性油脂でも、ココナッツオイルにアレルギー作用があると書いてある本も。。
ココナッツオイルも比較的安価で、石鹸の泡立ちを良くし、硬くする作用を持っている。

硬水地域であるヨーロッパやアメリカの手作り石鹸はココナッツオイルの配合率が
高い(平均40%)→硬水では泡立ちにくいから。
日本は軟水の国。
ココナッツオイルの配合が少なくても十分な泡立ちが得られるの。
なので、私の手作り石鹸は通常よりもココナッツオイルの配合は少ない、もしくはゼロ。
その代わり、水に乳化する油としても知られているひまし油を配合してるの。
ひまし油は、石鹸の泡立ちを良くするけれど、それを入れると石鹸が溶け崩れやすくなる
ディメリットが。。でもね~、別にスグに減ったって良いじゃない~
せっかく手作りするのに、わざわざディメリットがあると分かっている油を
使うなんてナンセンスだもん。。

くだんの獣医さんは、その辺の違いを良くご存知なくてオリーブオイル石鹸と
書かれていたのだろうけど・・・・・。
厳密に言うと、オリーブオイル100%で作られた石鹸は、ほとんど無い。。
なぜなら、泡立ちが悪いから。。。

オリーブオイルというと、多少高価なイメージがあるのかもしれないけど、
実際には、マカデミアナッツオイルやヘーゼルナッツオイル、ククイナッツオイルなど
美容液にも使われるような油の方がず~~~っと高い。。
一般の市販の石鹸で、これらの油が主成分の石鹸って、ほとんど見つけられないと思う。
[PR]
by papichan_daisuki | 2006-03-07 23:43 | 手作り石鹸
<< 全国獣医100人が選んだペット... バトン >>



ワンコと私の楽しい?生活
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧