利華ちゃん腹巻
友人が利華ちゃんのために腹巻をプレゼントしてくれた♪
一つは、男の子がマナーバンドとして使うタイプ。
これなら、利華でも、脱ぎ捨てられないぞ!
もう一つは、サイドがマジックテープになっている、
首で結ぶタイプのもの。
これも可愛い上に、着せやすい♪

以前買った腹巻服は、勝手に脱ぎ捨てられた・・・。
その上、ミルクの器に投げ込まれた。。。(泣)
助かりましたよ~Thank YOU!!








昨日の夜、パピの調子が悪くなった。
火曜日に両親&姉と琵琶湖に行ってはしゃぎまくっていたらしい。。
寒くて天気も悪かったのに、湖で泳いだらしい・・・。
その日の夜から食欲がなかった。。。

翌朝もあまり食欲が無く・・・・。
夜になって、唾液状のものを何度も吐き、粘液便(透明)を
1度した。
心配し責任を感じた姉が、夜間動物病院に連れて行くというので、
連れて行ってきた。

11:30 夜間動物病院に予約の電話
11:45 夜間動物病院到着
このとき出てきた獣医は、姉が行ってるN動物病院(タクシーの運転手さんが
薬をよく出す病院と言ってた所)のスタッフ。
____(カルテより)_____
血液検査:アルブシン軽度の低下、アミラーゼの上昇
嘔吐物検査:RBC(-) Bac(-)
脱水 5% 腹部圧痛(-)その他腫瘤なども触知されず
所見:アミラーゼの上昇に関しては、急性膵炎の疑いはありますが、
身体検査上の所見から、後日再検査の範囲で。
診断・急性胃腸炎
使用薬剤:ラクトリンゲル 150ml
     メトクロプラシド 0.45ml、シメチジン 45mg、
     バイトリル(エンロフロキサシン)0.9ml
 
------(獣医からの説明)----------
特に脱水症状、排血なども認められないが、
念のため、皮下点滴、吐き気止め、粘膜保護剤、抗生物質の3種類の注射を
行う。膵炎の疑いがあるので、継続治療をとのこと。
(この獣医、ヒツコク継続治療、継続治療と言う・・・)
膵炎の治療はどういうことをするのですか?と聞くと、
対症療法ですねという。。。膵炎の症状(腹痛)が無いのに、
何を対症にするのかな??

12:30 帰宅
AM 1:00 パピ吐血
AM 1:07 再度夜間動物病院に電話
      担当医師に聞いてみます、折り返し電話しますとのこと
AM 1:35 担当医師から電話がかかってくる
お薬は使ってあるので、できることは無いのですが・・・と言われたが、
パピはアレルギー持ちだし、吐血したのは不安だから受診したいと告げる。
AM 1:45 再度夜間動物病院を受診
      吐瀉物を検査して・・・・獣医が言った事。
胃潰瘍ですね。粘膜がひどい状態ということです。そのための薬は
注射してありますから、様子を見てくださいとのこと。。。
お~~い!1時間前には胃腸炎だったのが、何で胃潰瘍になるかな??
1時間前には出血してなかったものが、薬を使った後に出血したのに・・・
最初の所見から悪化してるじゃん!説明に納得いかない・・・・・。
注射もTOO MUCHだと思うわ。そもそも、急性胃腸炎という所見に対して
3種類の薬剤を同時に使うなんて・・・・。
某大学の薬学部の教授によれば、3種類以上の薬の投与による
副作用は、現代医学では未知数(要は、何が起こるか分からないってこと)。
なんで、安易に薬を投与それも筋肉注射であたえるかな??

今年、パピがカイカイになった時、心配した姉と母がその病院に
連れて行ったの。そして処方した薬が、ステロイドと抗生物質1週間分。
私は、パピが憎くて病院に連れて行かないんじゃない。
ステロイドや抗ヒスタミン剤を使った後の副作用が怖いから
可能な限りアロマなんかで対症しようとしてるの。。。
それを知らない姉が薬を与え続けて・・・・
未だに完全にはカイカイが止まらないし、今まで出たことの無いところ
(お腹や前足の関節など)にもカイカイが出た。
その上、傷もなかなか治らない。。。
ステロイドは怖い。薬に詳しければ詳しいほど、安易な投与には慎重に
なるはず。4.5kgのワンコに1/2錠/日のステロイドを1週間分
処方するなんて明らかに非常識。
そんな事をする獣医は信じられない。。。
[PR]
by papichan_daisuki | 2005-10-06 23:41 | 日々の出来事
<< 利華の定期健診 利華ちゃんバッグ到着 >>



ワンコと私の楽しい?生活
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧