伝えておけば良かった・・・
利華のことがあってから、獣医の機械や設備に興味を持ち始めた
ワタシと友人。。。
過去の事をつらつら考えると、以前の獣医の機械は極端に
古いと言う事に思い当たった。。。
レントゲンはもちろんだが、おそらく顕微鏡(検便の際使う)や
血液検査の機械もかなり古そう。。。

利華の骨折が治らなかったとき、友人にKちゃんのおかあさんにも
一応伝えておこうか?妊娠の判定などにレントゲン使うはずだから・・・
という話をしていた。でもね~、なんだが悪口を振りまくようで・・・。
結局伝えないまま・・・。

今日友人のところに、Kちゃんのお母さんから電話があり、
Kちゃんの子供が死んだとの連絡があったそうだ。
なんでも、2匹妊娠、一匹死産。もう一匹は生まれたものの、
ミルクも飲まず、死んでしまったそう。。
Kちゃんところの旦那さん、獣医の対応が悪かったと
かなり怒っておられるそうだ・・・。
実は、Kちゃん、友人のワンコ、へたれのティントのお嫁さん候補だった。。
でも、へたれを発揮して、できず・・・。
行きつけのトリミングサロンであり、ブリーダーでもあるところで
交配をお願いし、妊娠したもの。。。
できなかったとはいえ、チャレンジさせてもらった大切なお嫁さん候補・・・。
ティントにルックスが似ていることもあり、友人の思いいれも
結構有った子。やっぱり、悪口と思われても良い、伝えておくべきだった・・・。
もし、詳しい獣医にかかっていれば、一匹は助かったのかも・・・と
思わずにはいられない。

実は、利華のことがあって、姉が近所の人と色々話してみると、
ご近所ではヤブで有名だとのこと。。
妊娠出産には、決して行きたくない獣医NO1だとの噂は耳にしていた。
なにせ、超音波の機械もないんだもん。。

臨床経験や機械の差による治療効果の違いを実感しているワタシ。。
やっぱり、行列のできる獣医は違うのよね。。。
利華の足も、ファーブルで手術してもらった方は、本当に順調。
かたや、前の獣医で手術した方の足は、未だに外固定が外せず、
そのうえ、足の着き方も安定してない。。。
でも、ファーブルでは少しずつ固定を短くしながら骨の整復を
促しつつ治癒を待つという方針。このやり方って、私がネットで調べた、
アメリカのスタンダードの治療法と同じだから、安心しておまかせできる。
臨床経験&機械の性能&新しい知識を取り入れようとする姿勢。
これって、獣医選びの際とっても大事だわ!
[PR]
by papichan_daisuki | 2005-10-01 21:40 | 日々の出来事
<< 利華の検診日 面白いもの見っけ~~ >>



ワンコと私の楽しい?生活
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧