ギブスをはずした。。。
今日は朝から、利果を病院に連れて行った。
いつもの事ながら、お昼を過ぎても連絡無し・・・。
迎えに来てくださいと連絡があったのが4時過ぎ。。

あの獣医、ホント~~に、わかりやすい奴。
今日も電話の声で、何かあったな・・と分かったモン。
行ってみると、獣医は診察中。
カルテの中に、薬の袋を発見!「抗生物質ですか??」
と聞くと、「そうです」と診察室から獣医の声。。
感染症か?!!!と私は内心ドキドキ。。。
お金を支払って、診察の順番を待っていた。

診察の順番が回ってきて、ギブスは取りました、抜糸も完了。
手術部位もキレイに付いている。
一体何が問題か・・・というと、ギブスで固めてあった
関節部位(肘の部分)が擦れて、傷になってるとのこと。
だから言っただろ~~、欧米じゃ可能な限り問題の無い
部分にはギブスを付けないって!!!
月曜日に行った時にも、頼んだじゃないか、
ギブスを短くはできないか?って。。
かなりムッとした顔の私を見て、獣医が「すいません」と一言。。
それでも、ギブスをはずした事に不安を感じているらしく、
安静にしてくださいとヒツコク言うの。
器具も早く取り外したいというと、まだ心配だから嫌とのこと。
交渉の末、来週の金曜日にはずしてもらう事になった。

だからさ~、レントゲンで骨折部位が完全に見えなくなるまでには
14週間程度はかかるんだよ~~海外のサイトにはそう書いてある。
でも、器具は2~3週間程度で外すんだ!Max4週間!
Maxとは老犬の場合なんだよ!
その後、4週間おきに2~3回レントゲンでフォローするんだ。
筋が通っているのが確認できたら、器具を外すのには十分なんだ。
それ以上器具を体内に入れ置くのは、骨の感染症のリスクが高くなる
から、かえってマイナスなんだよ~~。

ったく、日本は人間だけじゃなく、獣医料のレベルまで低い。
押し付けがましいと思って止めておいたけど、今度
この間見つけた海外の獣医師の情報交換サイトを紹介しておこう。
登録して情報を仕入れようとしたら、獣医師免許がいると書いてあった
サイト。代わりに私が質問を書いても良い。
行きつけの獣医には、レベルアップしてもらわなきゃ困るもん。

あぁ、かなりムカムカ。
利果、あと一週間の辛抱だからね。
頑張るんだよ。
[PR]
by papichan_daisuki | 2005-08-04 23:31 | 日々の出来事
<< 水 利果の骨折 >>



ワンコと私の楽しい?生活
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧