ノミ・ダニ予防Part2
前にフロントラインスプレーでパピの胸毛が禿た話を書いたけど。。
さらっとは書きましたが、その時の私は本当にショックで・・・。
良かれと思ってしたことで、パピを傷つけてしまった罪悪感、
自分が前もってきちんと調べて置かなかったという罪悪感。。。
そんなこんなで、その週末は非常に落ち込み、一日中ネットで
情報集めに奔走しました。

とりあえずの手当てとして、バンダナを使った虫除けを採用。
b0001166_23594550.jpg

b0001166_00355.jpg
不器用な私がチマチマとバンダナを縫い、市販のお茶用袋にハーブを入れた袋を縫いつけ首輪に付けて使っていました。
ハーブはここで買いました。なかなか良心的なところです。
(なんでも買ったハーブに虫が入っていたという
クレームがあったので、代替品を送りたいとわざわざ社長自らが
謝罪の電話をかけてきました。葉っぱに虫が付くのは当たり前~。
その虫がノミやダニでなければOKと思っている私には、かなりの
驚きでした。代替品をお送りいただくには及ばないと言ったのですが、
送ってこられました)
フードやサプリも取り扱っておられますが、手作り食を実践していたこともあり、
私はお試しセットを買ったきり。食いつきは悪くなかったですが、
カロリーが高いようで、普段どおりの量をあげると太る。。。
非常用や旅行用には便利かもしれないと思っています。
※一部にはペニーロイヤルのハーブは毒性が強すぎるとの意見もあります。
ハーブだから絶対安全ということはないので、使用する時は注意してください。

もともと海外通販が趣味で、犬用の歯磨きガムなどを個人輸入している
こともあり、アレルギーもちのワンコにもやさしいノミ・ダニ予防
の薬剤探し。(そんなものは、存在せず。。。海外の方が、日本よりも
数年以上進んでいるので期待してたんだけど・・・)
そこで、アメリカやイギリス、オーストラリア(英語圏限定(笑))
のアレルギー持ちのワンコの飼い主のサイトをめぐり、情報収集。
そこでぶち当たったのが、薬剤使用(ワクチンや虫除けなど)全体
の問題。
フロントラインに関しての記述で驚いたのは、オーストラリアでは、
ノミに薬に対する耐性ができてきていて、効きにくくなっているということ。
カナダでは、フロントラインの安全性が疑問視され、認可されていないという事。
パピもフロントラインをしていたにもかかわらず、ノミが付いたし、
同じような話を友人達からも聞いていたこともあり、薬剤は極力控えようと
このとき決心しました。おそらく製薬会社も効かないならば、より強い薬剤
を使用するだろうし、それってワンコの体にも良くない。
その上、院内感染と同じく悪循環だと思ったんです。
※アドバンテージという商品もありますが、これはダニには効かない。
ただ、安全性と薬剤としての安定性はフロントラインより上という意見もあります。
FDAでは、アドバンテージの使用期限は無期限と認定しているようです。
薬剤として安定しているからといって、安全・無害という意味ではありません。
念のため・・・。
[PR]
by papichan_daisuki | 2004-09-20 00:30 | ペットの健康
<< ぱぴままの野望(笑) パピのグルグル >>



ワンコと私の楽しい?生活
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧